« ホカベン:放談!その5 | トップページ | ラスト・フレンズ:放談!その6 »

2008年5月14日 (水)

「ホカベン」上戸彩「弁護過誤」受難の時代?

上戸彩「弁護過誤」受難の時代?
【ホカベン:放談!その5】要点

「弁護過誤」とは、弁護士が職務遂行の過程で、
故意又は過失により、依頼者又は第三者に損害を与えた時は
債務不履行又は不法行為に基づき損害賠償責任を負うこと。

近頃…いろんな意味で法律に詳しい人が増えてきた!
そのため…依頼者の側が弁護士を訴えることも出てきた!

|

« ホカベン:放談!その5 | トップページ | ラスト・フレンズ:放談!その6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12576/41233055

この記事へのトラックバック一覧です: 「ホカベン」上戸彩「弁護過誤」受難の時代?:

» ホカベン第4話 [ドラマ好き!]
自己破産する人で何回もする人もいると思います。 同じことの繰り返し。 失敗から学び、もう2度としないようにならなければ、 立ち直れません。 人のせいにする人にだけはなりたくないです。 [続きを読む]

受信: 2008年5月18日 (日) 00:05

» ホカベン第4話 [ドラマ好き!]
海で溺れて死んだ生徒は本当はいじめにあっていた。 弁護士について考えるといつも思うのですが、 凶悪犯罪などであきらかに弁護のしようがない人に対しても弁護士がつくのですが、その弁護士の気持ちってどうなんだろうと思います。 私は絶対できません。 [続きを読む]

受信: 2008年5月18日 (日) 19:30

« ホカベン:放談!その5 | トップページ | ラスト・フレンズ:放談!その6 »