« 薔薇のない花屋:放談!その6 | トップページ | ハチミツとクローバー:放談!その6 »

2008年2月11日 (月)

「薔薇のない花屋」三浦友和vs香取慎吾「憎悪」理由

三浦友和vs香取慎吾「憎悪」理由
【薔薇のない花屋:放談!その6】要点

三浦友和演じる安西院長が言うことには…

「男のほうは愛してなどいなかった!娘は捨てられた!
 妊娠したと告げられたからだろう!
 日記にはそれから一度も会いに来てはいない!
 連絡さえなかった!…死ぬまで一度も!
 娘を愛していなかった!…心を踏みにじり!
 残酷に捨て去ったという人間性が許せない!」

香取慎吾扮する汐見英治が「君」だったとして!
なぜ会いにいけなかったのか?…それは!

人を傷つけて刑務所に入っていたため?
会いたくても!会いにいけなったのでは?

|

« 薔薇のない花屋:放談!その6 | トップページ | ハチミツとクローバー:放談!その6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12576/40109043

この記事へのトラックバック一覧です: 「薔薇のない花屋」三浦友和vs香取慎吾「憎悪」理由:

« 薔薇のない花屋:放談!その6 | トップページ | ハチミツとクローバー:放談!その6 »