« 14才の母:放談!その12 | トップページ | 華麗なる一族 »

2006年12月20日 (水)

「僕の歩く道」最終回「障害者グループホーム」とは?

僕の歩く道最終回!「自閉症」の「大竹輝明」が
「自立」する「方法」として!「加藤浩次」が扮する
精神科医「堀田丈二」先生は「グループホーム」での
「生活」を「選択肢」として!提案する次第である!

グループホーム」とは!…数名の「障害者」の方が
「食事」の提供や「身の回り」の世話等の「援助」を
「世話人」から受けながら「マンション」等を借りて
「共同生活」を営むことを「目的」としている次第!

「知的障害者・身体障害者・精神障害者」が生活する
夫々の「障害者グループホーム」の「入所者」の方は
昼間「会社や授産施設」等に通い!得た「給料」等で
「生活費」を負担し「自立」している次第とのこと!

自閉症」という「ハンディ」を!乗り越えながら!
「家族」や「仕事仲間」に見守られる中!「夢」の!
ロードバイクレース」に「挑戦」する「輝明」が!
最終回」で!自ら選ぶ「僕の歩く道」…興味津々!

|

« 14才の母:放談!その12 | トップページ | 華麗なる一族 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12576/13121766

この記事へのトラックバック一覧です: 「僕の歩く道」最終回「障害者グループホーム」とは?:

» あなたも明日からクリエイター フラッシュで簡単にアニメーションを製作し貴方だけの作品をつくりませんか? [音楽 フラッシュ 倉庫 フラッシュは面白い!]
今フラッシュが面白い!音楽 ゲーム 笑えるものから 感動 恐怖ものまで あらゆるフラッシュが今人気急上昇  [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火) 15:27

« 14才の母:放談!その12 | トップページ | 華麗なる一族 »