« アンナさんのおまめ:放談!その1 | トップページ | たったひとつの恋:放談!その10 »

2006年12月 8日 (金)

「14才の母」第9話!緊急事態「早期胎盤剥離」とは?

14才の母第9話一ノ瀬未希」は「予定日」より
「1ヶ月以上」も早く「自然分娩」することになるが
「産科医」が!最も恐れる「病気」の一つともされる
早期胎盤剥離」を「発症」してしまう次第である!

早期胎盤剥離」とは…「通常」であれば「分娩」が
終わってから「後産」として!剥がれる「胎盤」が!
まだ「胎児」が「子宮」の中に「いる」にも拘らず!
「剥がれてくる」という「病気」であり!その結果…

胎盤」が「子宮」から「剥がれる」と「母体」から
胎児」への!「酸素」及び「栄養」の「供給」は!
「不可能」となり!「低酸素」状態が!「長時間」に
及ぶと「胎児」は「死亡」する恐れもあるという次第!

然も!「胎盤」が「剥がれる」際に「子宮」の壁から
「出血」を生じ!「胎盤後血腫」という「血の塊」が
形成されると「母体」の「血液」状態が「変化」して
血が!止まらなくなって「出血死」の恐れもある次第!

未だに「予測不可能」とされる病気「早期胎盤剥離
幸い「母子」共に「無事」でも!「胎児」の「」は
低酸素」状態に「弱い」為に!「障害」が「残る」
恐れもある次第で…「未希」母子の「運命」や如何?

|

« アンナさんのおまめ:放談!その1 | トップページ | たったひとつの恋:放談!その10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12576/12939006

この記事へのトラックバック一覧です: 「14才の母」第9話!緊急事態「早期胎盤剥離」とは?:

« アンナさんのおまめ:放談!その1 | トップページ | たったひとつの恋:放談!その10 »