« 演歌の女王 | トップページ | 「僕の歩く道」最終回「障害者グループホーム」とは? »

2006年12月20日 (水)

14才の母:放談!その12

【反町隆史!急遽「特別出演」の経緯】をダウンロード

14才の母反町隆史!急遽!「特別出演」の経緯!
テレビ番組を斬る!」放談「ポッドキャスト」版!
「12月20日」のテーマは!ドラマ「14才の母」その12

【今すぐ!「iTunes」で表示して「登録」

「人気blogランキング」芸能&ドラマ!ブログ満載

「社会保険労務士」への「転職」を目指す方へ!

【ポッドキャスティング】利用方法

|

« 演歌の女王 | トップページ | 「僕の歩く道」最終回「障害者グループホーム」とは? »

コメント

今晩は、BGMと不眠によるNatural-High状態のなか、いいドラマだったなぁと洗脳されてしまいそうな最終回でした。冷静にもう一度見ると不満ですね。先週の赤ちゃん緊急状態予告は、批判派へのガス抜きだったのでしょうか。つらつら書いていると長くなるのでこの辺で...

最後の字幕に「小野寺昭」が無い! 失礼ですよね。

投稿: シャブリ | 2006年12月22日 (金) 01:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12576/13131156

この記事へのトラックバック一覧です: 14才の母:放談!その12:

» 14才の母〜愛するために生まれてきた 最終回 [占い大好き占いななブログ]
14才の母〜愛するために生まれてきた 最終回夜10:00〜11:14未希(志田未来)が産んだ赤ん坊の状態も落ち着き、忠彦(生瀬勝久)と加奈子(田中美佐子)は、孫の育て方について改めて考える。一方、静香(室井滋)から、父親の援助を受けるように言われた智志(三浦... [続きを読む]

受信: 2006年12月20日 (水) 15:45

« 演歌の女王 | トップページ | 「僕の歩く道」最終回「障害者グループホーム」とは? »