« 2005年1月30日 - 2005年2月5日 | トップページ | 2005年2月13日 - 2005年2月19日 »

2005年2月12日 (土)

赤西仁&亀梨和也「ごくせん」ロケ地!トリビア風

「赤西仁」&「亀梨和也」好演!「仲間由紀恵」主演
学園ドラマ「ごくせん」ロケ地…????トリビア風????

「ごくせん」で…「赤西仁」演じる「矢吹隼人」や…
「亀梨和也」扮する「小田切竜」らが通っている!…
「黒銀学院高等学校」…のロケ地は…神奈川県厚木市
飯山1583…「東京工芸大学」の「厚木キャンパス」!!

…へぇ~??…へぇ~??

「ごくせん」で…「金子賢」演じる「朝倉てつ」と…
「内山信二」扮する「達川ミノル」が…「たこ焼き屋」
を出している!「神社」…のロケ地は…東京都豊島区
雑司ヶ谷3丁目…安産・子育の神様!「鬼子母神」!!

…へぇ~??…へぇ~??…へぇ~??

「ごくせん」で…「仲間由紀恵」演じる…「ヤンクミ」
こと!「山口久美子」が住んでいる…「大江戸一家」
のロケ地は…東京都品川区上大崎2丁目…の一軒家!!

…へぇ~??…へぇ~??…へぇ~??…へぇ~??

ちなみに…「エースをねらえ!」では…「宗方仁」が
…住んでいる家!…として使われていた!!…へぇ~??

そして…マイ!フェイバリット!トリビアは…??????

「ごくせん」で…「脇知弘」演じる…「クマ」こと!
熊井輝夫」の実家…「熊井ラーメン」…のロケ地は
…東京都府中市若松町2丁目…「中華料理十五番」!!

…へぇ~??…へぇ~??…へぇ~??…へぇ~??…へぇ~??
…へぇ~??…へぇ~??…へぇ~??…へぇ~??…へぇ~??

ちなみに…「中華料理十五番」は…「土曜日定休」…
「冷し中華」は…3月末から!!…へぇ~??…へぇ~??

「人気blogランキング」芸能&ドラマ!ブログ満載

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2005年2月11日 (金)

Q3年B組「飯島弥生」ヤヨ!岩田さゆり!歌手デビュー

「3年B組金八先生」で「ヤヨ」こと「飯島弥生」を
演じている「岩田さゆり」が!「歌手」デビュー!…

楽曲「空飛ぶあの白い雲のように/さよならと…」が
早々と「2月23日」に「CD」リリースされるとか!

自分の「歌」で!人を元気づけたり!勇気を
与えられるような「シンガー」になりたい!

…と「抱負」を語る「岩田さゆり」の「歌唱力」は!
「透明なボーカルが魅力」と評されてはいるのだが…

作曲「大野愛果」作詞「三枝夕夏」によるデビュー曲
如何なる「仕上がり」になっているのか?興味津々!

問題!145
「3年B組金八先生」で「ヤヨ」こと「飯島弥生」を
演じて「人気急上昇中」の「岩田さゆり」さんが!…
今度は「空飛ぶあの白い雲のように/さよならと…」
で「CDデビュー」することになりましたが…では!
昨年3月!オーディションで「4323通」の応募者から
「準グランプリ」を受賞して!「芸能界デビュー」の
「切欠」となった「ファッション誌」の「名前」は!
ズバリ!!!!!!!!!!!!!!!!何でしょう????????????????

??????????(「クイズ」も!適宜「出題」します)??????????

正解…こちらをご覧ください
(正解および詳細は…お手数ですが…「リンク先」を
 ご覧になって…ご自身でご確認のほど、勝手ながら
 宜しくお願い致します!)

「人気blogランキング」芸能&ドラマ!ブログ満載

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005年2月10日 (木)

「優しい時間」大竹しのぶ!お薦め?「コーヒーミル」

「倉本聰」脚本「寺尾聰」主演…「富良野」発ドラマ
優しい時間」…舞台である喫茶店「森の時計」では
「大竹しのぶ」演じる亡き妻「めぐみ」の「発案」で
「客」自らが「ミル」で「コーヒー豆を挽く」ことも!

「ガリガリ」という音!を聞いていると…香ばしい!
「挽き立て」の「コーヒー」の香り!が伝わってきて
思わず一杯!「飲みたく」なってしまう「視聴者」も
結構!多いと思う次第ではあるが…それにも増して?

「森の時計」風の…木製「手挽きコーヒーミル」を!
買い込んで!…「優しい時間…始めました!」などの
「謳い文句」を店頭に張り出す?ような「喫茶店」が
近くに「出現する」ことを期待している次第である!

ちなみに!お薦めは…「確かな品質と伝統」の逸品?
ドイツ「ザッセンハウス社」の手挽き「コーヒーミル
…「熱」に対して非情にデリケートな「コーヒー」の
風味の「劣化」を防ぐ「工夫」が施されているとか?

ザッセンハウス・ミル#169【大館焙煎珈琲 コーヒー店KOW】

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005年2月 9日 (水)

「救命病棟24時」石黒賢の安否?「PCPS」とは?

「江口洋介」&「松嶋菜々子」ダブル主演!急展開!
救命病棟24時」2月15日放送となる「第6話」で…
「石黒賢」扮する「小島楓」の婚約者「加賀裕樹」の
容態が急変!早急な「手術」が必要になるのだが!…

不可欠な「高度医療器具」の「修理」が済んでいない!
…そう「香川照之」扮する医局長「黒木春正」が気に
病んでいた「PCPS」を使用することができない?
果たして!「救命救急」における「PCPS」とは?

「PCPS」とは「経皮的心肺補助」と訳される機械
…「心臓」の代わりをする「遠心ポンプ」と「肺」の
代わりになる「人工肺」を用いて「血液循環」を補助
する目的で使用される「人工心肺装置」を意味する!

「心機能」が著しく「低下」もしくは「停止」という
「重篤な状態」でも「体内」から回収した「血液」を
「人工肺」で「酸素」を十分に含んだ「血液」に変換!
即ち「酸素化」して「ポンプ」で全身へ送るもので…

短時間に「血行動態」の確立が可能なこともあって…
「心破裂」等の「緊急開胸術」などに利用される!…
その「PCPS」が使用できない?…ということは?
「血液循環」が確立できなくて…「脳細胞」が壊死?

「パート1」で「進藤一生」の…今は亡き「妻」が!
そうであったように…まさか?「」の「婚約者」が
同じような「植物状態」に陥ってしまうのであろうか?
正に!「加賀裕樹」の容態は…「予断」を許さない?

【「最終話」を見終えた直後の「記事」を追記します】

まさか!「救命病棟24時」の「最終回」の「直前」に!
またしても!「大地震」が!今度は「福岡」で起こる!
…とは予想だに出来なかった!「現実」を前にしては!
如何なる「ドラマ」と言えども「色褪せて」しまう!

「10年前」と「現在」の「神戸」の「写真」を並べて
「復興」の「象徴」とすることによって「希望」を!
表現しようとした「最終回」ではあったのであるが…
「現実」として報道される「福岡」は…「10年前」!

余りにも!タイミングが悪すぎる!「キレイ事」を!
否定する「台詞」までもが!「現実」の前では!正に
「キレイ事」であり!「震災後」の「立ち直り」さえ
「描写できる」時期ではなかったとさえ感じる次第!

元々「大震災」10年後!を契機に「風化」させない!
との「思い」で企画された!今回の「救命病棟24時」
「制作発表」後に…新潟「中越地震」が起こった結果
「設定」や「台詞」の一部が「手直し」されたほか…

何故か?「ドラマ」放送中にも!各地で「地震」が!
起きるなど!「嫌な感じ」はしていたのであるが?…
「最終回」直前「福岡沖地震」で!遂に「とどめ」?
素直に「感動」できる状況の「現実」ではなかった!

余談ではあるが…「京野ことみ」演じる「磯部望」の
両親が住む「実家」は「福岡」とされていたのだが…
実は「公式サイト」の「キャストプロフィール」では
「富山」となっている!つまり「最初の設定」から!

「中越地震」発生後に「隣県」では「不適切」として
おそらく「設定変更」された「箇所」なのであろう?
「空白域」で大丈夫と思っていたはず?の「福岡」で
「大地震」が起きてしまうとは!余りにも「皮肉」!

「制作サイド」も!こんな「状況下」での「放送」に
なってしまうとは!「無念至極」に違いないはず?…
「本来の姿」である純粋な「医療ドラマ」としての!
「救命病棟24時」第4シリーズ!を望む次第である!

「人気blogランキング」芸能&ドラマ!ブログ満載

| | コメント (2) | トラックバック (6)

2005年2月 8日 (火)

「みんな昔は子供だった」瑛太&白石美帆!相合傘?

「国仲涼子」主演!ドラマ「みんな昔は子供だった
昨年の「オレンジデイズ」では…同じ「大学4回生」
として「共演」していた「瑛太」と「白石美帆」!…
今回は「幼なじみ」役!を演じているわけであるが…

「オレンジデイズ」では…能天気な「いい人」振りが
目立っていて…結局「白石美帆」にも振られてしまう?
「瑛太」であったが…「みんな昔は子供だった」では
一味違う好青年?「」に共感を持てる次第である!

但し!「初恋の人」?であった「白石美帆」が扮する
ゆかり」に贈った「ブローチ」のことを…子供達に
面白半分に吹聴されているようでは!…相変わらず?
「相手」にされていない?ということのようではある!

「丸一日!誰にも見つからなかったら…恋が叶う!」
「相合傘」の「おまじない」…校医「ナツ」先生と!
校長「欣也おにいちゃん」の傘と…少し離れた所に?
「柾」と「ゆかり」の「相合傘」があったとしたら?

それを!「伊藤沙莉」扮する「若槻モモ」が偶然にも
見つけてしまったら?…「初恋」は無残にも破れて?
「男嫌い」のまま?「14ヶ月」で演じた「ナツキ」の
ような「女性」なってしまうのであろうか?老婆心?

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005年2月 7日 (月)

黄川田将也「不機嫌なジーン」オダギリジョーの代役?

「竹内結子」主演!「動物行動学」&ラブコメディー
不機嫌なジーン」…何といっても「注目人物」は!
「第1話」に出演したっきり!全くご無沙汰している
長崎の元漁師「勝田隼人」役の…「オダギリジョー」

久し振りに「第4話」で「新聞記事」の写真に登場!
漸く!「第5話」で「出演」の様相ではあるのだが…
「オダギっちゃん」ファンならずとも?…勿体無い!
そこで…ふと大胆な「推論」に至ったわけであるが…

つまり!「オダギリジョー」は…実は「竹内結子」の
相手役」…現在「黄川田将也」が扮している役を!
「演じる」ことになっていたのではないだろうか?…
それが!何らかの「理由」でNGになったのでは?…

実際「公式サイト」の「黄川田将也インタビュー」で
…最初に受けた「オーディション」は…「研究所」の
「メンバー」を決めるものだった!「相手役」として
決まるまでに「スタッフ」に何回も会った!…とある!

「相手役」を想定していた「オダギリジョー」が急遽?
「NG」になってしまったので「オーディション」に
来ていた「新人」を「大抜擢」せざるを得なかった?
…そう「推論」すると!納得のいくことが少なくない!

「オダギリジョー」の「お茶を濁す」程度の出演も?
「現場の雰囲気が悪い」という「芸能記者」の噂も?
但し!今後「オダギリジョー」が「大活躍」を演じて
「邪推」に終わること?を切に願う次第ではあるが!

「人気blogランキング」芸能&ドラマ!ブログ満載

| | コメント (1) | トラックバック (5)

2005年2月 6日 (日)

「Mの悲劇」稲垣吾郎「スマスマ」コント!を彷彿?

日曜劇場「Mの悲劇」底無しの窮地に追い込まれる…
SMAP「稲垣吾郎」扮する「安藤衛」ではあるが…
「恨まれる」理由も分かってしまって「サスペンス」
としての興味は「第4話」にして「終焉」の様相か?

それに反して?「ホラー」的要素は「増大」している
ようにも思えるのだが?何より!「コント」として?
「観賞」するのが「ベスト」かもしれない!やはり?
スマスマ」における「ゴロちゃん」なのであろう?

「処分」を頼まれた「上着」を勝手に「クリーニング」
…しかも!「紙のメモ」も無事に「元のまま」とは?
…しかもしかも!「1年以上」来店していないのに!
ひと目見て「言い当てる」店員!…「有り得ない」!

漸く!全てを思い出して「亘」の「携帯」へ「発信」
すると…すぐ傍で「着信音」が!…案の定「美沙」が
「衛」の前に現われ「やっと思い出したようですね」
…一体!いつの間に「尾行」を?…「有り得ない」!

」にしても…「部屋に入りきらない」荷物!って
割には「大した量」ではなくて「トランクルーム」の
「レンタル料金」が勿体無い?…第一「日記」まで!
預けてしまっては!意味が無い?…「有り得ない」!

「有り得ない」ことを「積み重ね」過ぎると?正に?
「コント」と化してしまう?…更に「復讐」に燃える
「美沙」の「あなたが私の生きる理由なんです!」が
「ギャグ」と化する時を?密かに期待する次第である!

【「第7話」を見終えた直後の「記事」を追記します】

「長谷川京子」演じる「美沙」の「稲垣吾郎」扮する
「衛」への「復讐劇」が終焉を迎えた「Mの悲劇」…
「あの事件」の裏に「隠された事実」が噴出!一転!
「謎解き」が「本題」になってしまったのであるが…

チンピラ「薮本」に「衛」を襲わせたのは…やはり!
「佐々木蔵之介」演じる「久保」が「大事な商談」を
失敗させよう!と「仕組んだ」と考えるのが「妥当」
当然!「中傷ビラ」も「久保」の仕業!であろうが?

最も「懐疑」すべきは!「吉岡美穂」演じる「瞳」!
2月27日放送「第7話」で「衛」に発した「台詞」…
「安藤さんも!美沙のこと!…好きになっちゃったん
ですか?…」にすべての「謎」を解く「鍵」がある?

「安藤さんも!」…つまり!「亘」だけでなくて!…
ということであろう?…そして「美沙」と「同級生」
である「瞳」は!…実は「亘」のことを愛していた?
「瞳」は「美沙」に!「亘」を奪われてしまった?…

「一方的」な失恋で!「亘」も「美沙」も!「瞳」の
「心の痛み」を!全くもって「知る由」もなかった!
しかし「足を踏まれた方は!いつまでも覚えている!」
「瞳」にとっては!「亘」さえも「憎むべき」存在?

「亘の死」が!やはり「自殺」だった!…としても?
「亘」を「死」に追いやったのは!「瞳」なのでは?
「亘」に対して「美沙」との関係を「崩壊」させる…
致命的な?「言動」を執った!のではないだろうか?

「亘の死」は同時に!「美沙」の「生きる理由」さえ
奪う結果となり!「瞳」にとっては…「美沙」への!
「復讐」をも果たす?ことにもなっていたのでは?…
しかし!そこへ「衛」が現われてしまったのである!

「衛」への「同情」が「恋心」に変わり始めた「瞳」
…しかし!憎むべき?「美沙」に対して!まさかの?
「衛」の心変わり…またしても「美沙」に奪われる?
…それこそが?「あの台詞」に「秘められた」真実?

「怪し」過ぎる?「佐々木蔵之介」演じる「久保」と
「成宮寛貴」扮する「下柳」は「ミスリード」要員?
「吉岡美穂」が「真犯人」?でもない限り?…最早?
「大どんでん返し」の結末?は期待できそうにない?

「人気blogランキング」芸能&ドラマ!ブログ満載

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年1月30日 - 2005年2月5日 | トップページ | 2005年2月13日 - 2005年2月19日 »