« 2005年1月9日 - 2005年1月15日 | トップページ | 2005年1月23日 - 2005年1月29日 »

2005年1月22日 (土)

「3年B組金八先生」小山内美江子「脚本降板」の謎

武田鉄矢!主演「3年B組金八先生」第7シリーズ!
原作者であり「脚本」も手掛ける「小山内美江子」氏
実は!1月7日放送「第11話」から「降板」していた!
…という「発表」があったわけであるが…摩訶不思議?

公式サイト」によると…昨年2月「病気」が判明!
健康は回復しつつあるが「休養」が必要なことから…
他の脚本家に「引き継ぐ」可能性を探っていたのだが
「前半」を終えて目処が付いたので「降板」を決定!

しかしながら…その病気が「」ということであると
当初から「今シリーズ」の「脚本」は「別の人物」に
依頼するのが「当然至極」で「途中」での「交代」は
余りにも「不自然」である!やはり「噂」は本物か?

「25年間」も「3年B組金八先生」を書き続けてきた
「小山内美江子」氏が「TBS」との「トラブル」で
緊急降板!今後一切「脚本」は執筆しない!とのこと
…但し!「見切った」のは「TBS」の方との「噂」!

「渡る世間は鬼ばかり」の「橋田壽賀子」氏のように
「小山内美江子劇場」と「冠タイトル」を要求したり
「放送枠」の「夜10時」への変更にも難色を示したり
「脚本家」の「後継者選び」にも「口出し」したり…

「週刊誌」上の「噂」が「真相」だとは限らないが!
わざわざ「公式サイト」で「言い訳」がましい?ほど
「お知らせ」するのは…「異例」と言えば「異例」!
「降板」が「緊急」であったことだけは間違いない?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年1月21日 (金)

竹内結子「不機嫌なジーン」内野聖陽&黄川田将也

「竹内結子」主演!「動物行動学」&ラブコメディー
不機嫌なジーン」…何といっても「注目人物」は!
「仁子」の元カレ!「南原孝史」役の「内野聖陽」&
「仁子」が恋する?「白石健一」役の「黄川田将也」

内野聖陽」といえば!…「文学座」の俳優であり!
ミュージカル「レ・ミゼラブル」&「エリザベート」
ドラマ「エースをねらえ!」では「宗方仁」コーチ!
常に「クール」なイメージ?であったわけであるが!

「早稲田大学」政治経済学部に在籍していた経歴から
「教授」役は「違和感」無かったのであるが!まさか?
あれ程チャラチャラした「軽い男」を「演じる」とは
予想だにしなかった!しかも!物の見事に「好演」?

全くの「ネット上の噂」の域を出ないのではあるが!
「内野聖陽」の演じる「役どころ」には「柏原崇」が
起用される「想定」であったのだが?成立に至らず?
「棚ぼた」の如く?「出演」が決まったそうである?

黄川田将也」といえば!…1980年6月1日生まれ!
映画「ホワイトアウト」「バトル・ロワイアル」他…
ドラマ版「美少女戦士セーラームーン」などに出演!
いきなり「月9」で「大抜擢」に応えるか?期待大?

「人気blogランキング」芸能&ドラマ!ブログ満載

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年1月20日 (木)

本木雅弘「87%-私の5年生存率-」デリカシー欠如?

「夏川結衣」が「5年生存率」が「87%」といわれる
初期「乳癌」にかかった「シングルマザー」を演じる
日本テレビ系!水曜ドラマ「87%-私の5年生存率-
もう少し?「デリカシー」という「配慮」が欲しい!

「第2話」で「本木雅弘」演じる医師「黒木陽平」が
言い放った…「人が乳癌で死ぬのだけは見たくない!
もしも死ぬんだったら…他の理由で死んでください」
やはり「当事者」にとっては「聞き捨て」ならない?

ある意味「乳癌患者」に「勇気」を与えたい!という
「思い」を持って制作されている「ドラマ」であるなら
内に秘めた「ヒューマニズム」で取り繕うのではなく
「言葉」の「上っ面」にも細心の注意を払って欲しい!

特に「あの言葉」を聞かされた「小谷晶子」自身が!
どういう「気持ち」であったのか?描かれていない!
「次週」に持ち越されてしまっているわけで…結局は
「視聴者」それぞれの「感受性」に委ねられている!

世の中の「当事者」である「女性患者」だけでなく!
全ての「女性」が「愕然」としたのではないだろうか?
「無情」を描かないと「有情」を表現できないのは…
正に「デリカシー」以前の「問題」かも知れないが?

「人気blogランキング」芸能&ドラマ!ブログ満載

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005年1月19日 (水)

Q「優しい時間」北島三郎!19年ぶり「現代ドラマ」

「倉本聰」脚本!「北の国から」に続く「富良野」発!
第2弾「優しい時間」…フジテレビ系!木曜夜10時枠!

「寺尾聰」と「二宮和也」が扮する「父子」が織り成す
「人間ドラマ」に「彩」を添える!豪華な「ゲスト」!

2月24日放送「第7話」には…あの「サブちゃん」こと
「演歌界」の大御所!「北島三郎」が「ゲスト出演」!

「時代劇」の経験は豊富な「サブちゃん」ではあるが!
「現代劇」への「出演」となると…実に「19年ぶり」!

故郷「北海道」発の「ドラマ」でもあり!「雪の中」で
「薪を割る」シーンでは…思わず?「ヘイヘイホ~!」

「薪割り」は小学生のころからやってますから
平気です!…「久しぶり」でしたけど!要領が
あるんですよ!…「親父」と一緒に木を切りに
山に行っていたことを思い出すね!…ホントに
「与作」ですよ!…「名前」変えましょうか?
「北島与作」に!…

…と「撮影」を終えての「コメント」も「ご機嫌」で!
「大御所」らしい「熱演ぶり」に早くも!期待度満点!

問題!144
脚本「倉本聰」氏「富良野」発!第2弾「優しい時間」
2月24日放送「第7話」に…「演歌界」の大御所である
「北島三郎」さんが「ゲスト出演」することが明らかに
なりましたが…「現代ドラマ」への「出演」は!実に!
「19年ぶり」とのことです!…では!その「作品」以来
となる「昭和61年」に「フジテレビ系」で放送された…
「倉本聰」さん「脚本」の「ドラマ」の「タイトル」は!
ズバリ!!!!!!!!!!!!!!!!!何でしょう?????????????????

???????????(「クイズ」も!適宜「出題」します)???????????

正解…こちらをご覧ください
(正解、および詳細は…お手数ですが…「リンク先」を
 ご覧になって…ご自身でのご確認のほど、勝手ながら
 宜しくお願い致します!)

「人気blogランキング」芸能&ドラマ!ブログ満載

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005年1月18日 (火)

「救命病棟24時」江口洋介「トリアージ」の苦悩!

「江口洋介」&「松嶋菜々子」ダブル主演!注目の!
救命病棟24時」1月18日放送「第2話」のテーマ!
「1分遅れると死者が1人増え1分早ければ1人多く
助かる」といわれる「初動期」における「トリアージ」

トリアージ」とは「災害発生時等に多数の傷病者が
同時に発生した場合に傷病者の緊急度や重症度に応じ
適切な処置や搬送を行う為に傷病者の治療優先順位を
決定すること!」…「語源」はフランス語の「trier」

「1月17日」…あの「阪神淡路大震災」から「10年」
数々の「特別番組」の中で…当時「トリアージ」を!
「実際に」行わなければならなかった「医師」達の!
現場の「生の声」が採り上げられていたのであるが…

「極限状態」の中では…「非情」であるか否か?を…
「感じる」ことさえも儘ならない!ことが「現実」で
「進藤一生」の「涙」を否定するわけではないが!…
「感情」を超越した「人間」が浮き彫りにされていた!

やはり「真実」を見せ付けられた「直後」で!しかも
「放送中」に「新潟」で!またも「震度4」の地震!
「現実」の前では…折角の「労作」が簡単に色褪せて
見えてしまうのは!…如何ともし難いのであろうか?

【「第3話」を見終えた直後の「記事」を追記します】

「江口洋介」&「松嶋菜々子」ダブル主演!注目の!
救命病棟24時」1月25日放送「第3話」のテーマ!
「震災」など「建物の倒壊」を伴うケースに特有の…
10年前までは聞き慣れなかった「クラッシュ症候群」

「一般医」には馴染みの薄い「症例」であったため?
「震災」直後は…重傷者の救命が「第一義的」な課題
全身状態は良好で局所の腫脹や疼痛を訴えるのみの…
単なる「打撲」は「軽症」と判断されても仕方無い?

倒壊家屋などに「身体の一部」を挟まれて「血液」が
通わなくなると「筋肉」は通常なら「数時間」程度で
「壊死」する!救出直後に血流が「再開」した瞬間に
破壊された細胞から「カリウム」などの「毒素」が!

「クラッシュ症候群」の「症状」が見られた場合は…
「人工透析」などの「緊急処置」を施さない限りは!
「腎不全」や「心不全」を招いて!命の保障は無い?
「圧死」が実は「クラッシュ症候群」だった場合も!

「大震災」から「10年」…「クラッシュ症候群」が!
「救命病棟24時」で「再認識」されることを望んだ…
「制作サイド」の思惑を超えてしまった「新潟地震」
現実」が語る「事実」は…とてつもなく「重い」!

「人気blogランキング」芸能&ドラマ!ブログ満載

| | コメント (3) | トラックバック (11)

2005年1月17日 (月)

仲間由紀恵「ごくせん」第1話!視聴率「26.5%」

「仲間由紀恵」主演!「ごくせん」満を持して登場!
新米高校教師!の「ヤンクミ」こと「山口久美子」と
「不良高校生」達との「心の交流」を描いて!前作は
平均視聴率「17.4%」と好評を博したわけであるが…

「仲間由紀恵」が「メガネ」に「お下げ髪」おまけに
「ジャージ姿」で「正義」の「啖呵」を切る!という
「斬新さ」と「意外性」が「成功」の要因であった!
しかし!「続編」となると!それだけでは済まない?

「ヤンクミ」を「引き立てる」意味でも!脇を固める
「登場人物」が「より魅力的」でなければならない!
…となると!「生徒役」が「成否」を分ける「急所」
となってくるわけで…その「配役」こそが「最重要」

…などと「視聴率」に関しては懸念していたのだが!
「開けて吃驚!玉手箱」?「第1話」の「視聴率」は
「26.5%」…「日本テレビ」の「初回視聴率」としては
1977年の調査開始以来「歴代5位」の「快挙達成」!

「行列のできる法律相談所」が「25.3%」を記録し!
NHK大河ドラマ「義経」の「第2話」が「25.5%」と
「初回」の「24.2%」を上回る中で…「週間1位」!
正しく?「嬉しい誤算」というところではあろうが…

「テレビ番組を斬る!」昨年7月20日付け「記事」で
「仲間由紀恵」を「コスプレ女優」と評したことを!
「裏付ける」事実?であることは…「女優」としての
「方向性」を「狭める」要因になることは否めない?

「人気blogランキング」芸能&ドラマ!ブログ満載

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2005年1月16日 (日)

長谷川京子「Mの悲劇」稲垣吾郎は「M」が似合う?

TBS系「日曜劇場」2005年!第1弾は「Mの悲劇
「SMAP」稲垣吾郎!主演…「ハセキョウ」こと!
「長谷川京子」が「悪女」を演じるという…新境地?
「ヒューマン・ホラー」ということなのであるが!…

「稲垣吾郎&長谷川京子」の「初共演」を「不安視」
していたのであるが「第1話」を見終わって!吃驚!
「冬場」の「日曜の夜」に「ホラー」でもあるまい!
…との「下馬評」を覆しそうな?「期待感」を満喫!

「稲垣吾郎」の「地に近い」キャラクター?が何とも
「苛められ役」に嵌まり!「悲壮感」を強調しすぎず
「コメディ」要素さえ醸し出しているわけで!確かに
「稲垣吾郎」ならでは!やはり「M」が似合うのか?

「長谷川京子」も漸く?あの「目」を「最大限」に!
活かせる「役」に巡り合ったようである!「台詞」も
ぶっきらぼうな?「表現」の方が「嵌まる」わけで?
謎めいた「悪女ぶり」にも過剰な「嫌悪感」は無い?

「公式サイト」の「相関図」が「近日公開!」から…
「明らか」になった時「恨み」の「理由」が「判明」
…ということであろうが?注目は「柏原収史」演じる
今は亡き?「相原亘」と「相原美沙」の「関係」と!

「成宮寛貴」扮する「下柳晃一」や「吉岡美穂」演じる
「中西瞳」と!どういう「関係」を持っているのか?
…ではあるが!…当然!「安藤衛」と「相原美沙」の
「最初の出会い」の「解明」が兎に角!急務である?

【「第6話」を見終えた直後の「記事」を追記します】

「最終回」の行方が依然!見えてこない?「Mの悲劇
「長谷川京子」演じる「美沙」は「生きる」理由を!
新たに!「見つけ出す」ことができるのであろうか?
その辺りを「導き出す」ために!大胆な「推論」を?

「香田美沙」の「生きる理由」であった「相原亘」が
「自らの命」を絶ったことが!「美沙」を苦しめて!
早く「楽になりたい!」と自らも!「後追い自殺」?
しかし!「亘の死」が「自殺」で無かったとしたら?

「美沙」にとって「亘の存在」がそうであったように!
「亘」にとっても「美沙の存在」が「生きる理由」で
あったことを!自ら「否定」したことにはならない!
つまり!「美沙」の「苦しみ」が一つ!取り除かれる?

自暴自棄になっていた「亘」ではあったのであるが…
「美沙」がいる限り!自ら「命を絶つ」ことまでは!
考えていなかったのでは?…つまり!「誰かの手」で
「自殺」に見せかけて!…「亘」は「殺された!」?

「亘」が刺してしまった「チンピラ」の「関係者」が
「逆恨み」して?もしくは「事件」の絡みで「亘」が
「誰か」の「秘密」を知ってしまって「邪魔者」に?
とにかく!「隠された事実」があることは間違いない?

「亘」にとっても最後まで「生きる理由」が「美沙」
であったということならば?「美沙」は「亘」の為に!
これからも「生き続ける!」ことができるわけである!
…その為にも?「他殺」であって欲しい?…とにかく!

「ドラマ」に挿入されている「FOMA」の「CM」で
振り撒いているような「長谷川京子」の「笑顔」に!
「最終回」では「ドラマ」の中でも!お目にかかれる
…そんな「救いのある」顛末を切に望む次第である!

「人気blogランキング」芸能&ドラマ!ブログ満載

| | コメント (0) | トラックバック (6)

« 2005年1月9日 - 2005年1月15日 | トップページ | 2005年1月23日 - 2005年1月29日 »