« 2005年1月2日 - 2005年1月8日 | トップページ | 2005年1月16日 - 2005年1月22日 »

2005年1月15日 (土)

「3年B組金八先生」黒川智花!「悪女」も似合う?

武田鉄矢!主演「3年B組金八先生」第7シリーズ!
1月14日放送「第12話」では!…「黒川智花」扮する
稲葉舞子」が重要な「役どころ」であったのだが…
懸念通り?「演技力」が「他の生徒」と違い過ぎた!

今回の「舞子」は…映画「下弦の月」での「蛍」役と
同じく!純粋な「美少女系」お嬢さま「中学生」だが
電池が切れるまで」では「心を閉ざした」役を演じ
逃亡者 RUNAWAY」では「悪女ぶり」も見せ付けた!

濱田岳」と同様に「格の違い」が歴然とし過ぎると
「相手役」の「演技力」が物足りなくなってしまう?
「今回」においては「麻田玲子」役の「福田沙紀」!
二人の「絡み」において!正に「明らか」であった!

「福田沙紀」も「全日本国民的美少女コンテスト」で
演技部門賞受賞」ということで注目されてはいるが
如何せん「素人」には変わりない?「玲子」のような
「陰」を演じるには「素質」が些かながら心許無い!

ふと閃いたのだが!「麻田玲子」役を「黒川智花」が
演じるというのは如何であろうか?「陰」の部分も!
「暴力を振るう」部分も「体験済み」であることだし
「お姫様扱い」される「器量」も申し分ないわけで…

兎にも角にも「黒川智花」には「可愛い」だけの役は
早々に「卒業」して!「目」が「物を言う」女優!の
片鱗を見せつけるためにも?徹底的に「嫌われ役」を
演じて欲しいものである!手始めに「麻田玲子」役!

ただ!難点は…そうすると「稲葉舞子」役がいない?
少々「年上」ではあるが「本仮屋ユイカ」は如何か?
違う「キャスト」を妄想するだけで!「同じ場面」が
全く「別物」に変わる!「ドラマ」の醍醐味ではある!

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2005年1月14日 (金)

深田恭子「富豪刑事」嬉しい誤算?「渡鬼」退治成功

深田恭子!主演「富豪刑事」第1話「視聴率」は!…
「16.2%」(「ビデオ・リサーチ」調べ・関東地区)
「裏番組」である…TBS「渡る世間は鬼ばかり」の
「15.3%」を「上回る」という…「大異変?」発生!

同枠「ドラマ」では「昨年10月期」の「黒革の手帖」で
「初回」と「最終回」で「渡鬼」超え!の「快挙達成」で
話題を呼んだのであるが!…まさか「富豪刑事」が!
後に続いてくれるとは…正に!嬉しい誤算であろう?

「黒革の手帖」は「渡る世間は鬼ばかり」と同じ様な
「視聴者層」狙い!であったわけで…あわよくば!の
思いも強かったであろうが!正直「富豪刑事」には…
さほど「期待」は掛けられていなかったはずであろう?

「深キョン」の人気にも「翳り」が見え始めてきて?
脇を固める俳優も「渋い」と言えば聞こえはいいが…
「地味」なことは否めない?取りあえず「渡鬼」には
一泡吹かせた!ゆえに「今期」は「恙無く」の心境?

「4月」スタート!上戸彩!主演「アタックNo.1」を
「異例」とも思える「早い時期」に「発表」したのも
「勝負所」は「春の改編」と見越してのことであろう?
兎にも角にも「富豪刑事」今後の「推移」興味津々!

「人気blogランキング」芸能&ドラマ!ブログ満載

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年1月13日 (木)

「みんな昔は子供だった」=「オレンジデイズ」+「電池…」

「国仲涼子」主演!ドラマ「みんな昔は子供だった
脇を固める「主要キャスト」は…昨年の「TBS」系
日曜劇場「オレンジデイズ」でも「共演」していた…
「瑛太」「白石美帆」そして「風吹ジュン」の3人!

そして!もう一つの「派閥」?は…「テレビ朝日」系
木曜ドラマ「電池が切れるまで」で「共演」した!…
「陣内孝則」と…生徒役「糟谷健二」…もう一人は!
重要な「役どころ」で「ゲスト出演」した「大杉漣」

「フジテレビ」系!といっても「関西テレビ」制作の
「ドラマ枠」ゆえ?「他局」からの「大量移籍」?は
珍しくは無かったのであるが…今回は「甚だしい」?
苦肉の「配役」?奏功するか?「興味津々」ではある!

余談になるが!「陣内孝則」の…あの「痩せ方」には
何か?「裏」があるのであろうか?…思い返せば!…
レギュラーだった「離婚弁護士SP」には「出演せず」
時空警察5」でも「お茶を濁す」程度!であった!

当初は「みんな昔は子供だった」に「専念」のため?
…と思っていたのであるが!あの「激ヤセ」を見ると
もしや?「体調不良」の影響?とも勘ぐってしまうが
…「杞憂」に終わることを「切に願う」次第である!

「人気blogランキング」芸能&ドラマ!ブログ満載

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2005年1月12日 (水)

「救命病棟24時」あの!たった一言で「台無し」に?

「江口洋介」&「松嶋菜々子」ダブル主演!待望の!
救命病棟24時」がいよいよ!始まったのであるが…
折角の「力作」が…あの!たった一言で「台無し」!
やはり!「被災者」でないと描けないのであろうか?

「大地震」に見舞われた直後の「救命救急センター」
「パニック」にならず!必死に「患者」を気遣う中で
「MEGUMI」扮する看護師「大友葉月」が発した一言!
…「どさくさに紛れて名前を呼ばないでください!」

「大泉洋」演じる看護師「佐倉亮太」を鬱陶しく思い
馴れ馴れしい態度に「釘を刺す」一言なのであるが…
如何せん!あの状況下では…余りにも「有り得ない!」
「被災者」感情を「逆撫で」してしまった「一言」?

「東京消防庁」を始め…「阪神・淡路大震災」の際に
設立された「人と防災未来センター」や!医療現場の
「兵庫県災害医療センター」にも「協力」を仰ぎつつ
真剣に「配慮」を重ねていただけに誠に「残念至極」

仮に「脚本家」始め「制作サイド」に「被災体験」を
持つ者が…幸福にも「皆無だった」としても!実際に
「阪神」や「新潟」で「大地震」を「体験」した者が
「相当数」存在する!という「現実」を鑑みると!…

日常の「キャラクター」的には「有り得る」台詞でも
「大地震」直後は…全くの「非日常」であるわけで!
あの「状況」では…そんな「余裕」は存在しえない!
余りにも「不用意な」台詞!であったことは否めない!

あの「一言」が…真剣なる「配慮」を!一瞬のうちに
「大地震」の如く?「崩壊させる」に至らないことと
当然「台詞」を言っただけに過ぎない「MEGUMI」が!
「無神経」と誤解されないことを…願う次第ではある!

【「最終話」を見終えた直後の「記事」を追記します】

まさか!「救命病棟24時」の「最終回」の「直前」に!
またしても!「大地震」が!今度は「福岡」で起こる!
…とは予想だに出来なかった!「現実」を前にしては!
如何なる「ドラマ」と言えども「色褪せて」しまう!

「10年前」と「現在」の「神戸」の「写真」を並べて
「復興」の「象徴」とすることによって「希望」を!
表現しようとした「最終回」ではあったのであるが…
「現実」として報道される「福岡」は…「10年前」!

余りにも!タイミングが悪すぎる!「キレイ事」を!
否定する「台詞」までもが!「現実」の前では!正に
「キレイ事」であり!「震災後」の「立ち直り」さえ
「描写できる」時期ではなかったとさえ感じる次第!

元々「大震災」10年後!を契機に「風化」させない!
との「思い」で企画された!今回の「救命病棟24時」
「制作発表」後に…新潟「中越地震」が起こった結果
「設定」や「台詞」の一部が「手直し」されたほか…

何故か?「ドラマ」放送中にも!各地で「地震」が!
起きるなど!「嫌な感じ」はしていたのであるが?…
「最終回」直前「福岡沖地震」で!遂に「とどめ」?
素直に「感動」できる状況の「現実」ではなかった!

余談ではあるが…「京野ことみ」演じる「磯部望」の
両親が住む「実家」は「福岡」とされていたのだが…
実は「公式サイト」の「キャストプロフィール」では
「富山」となっている!つまり「最初の設定」から!

「中越地震」発生後に「隣県」では「不適切」として
おそらく「設定変更」された「箇所」なのであろう?
「空白域」で大丈夫と思っていたはず?の「福岡」で
「大地震」が起きてしまうとは!余りにも「皮肉」!

「制作サイド」も!こんな「状況下」での「放送」に
なってしまうとは!「無念至極」に違いないはず?…
「本来の姿」である純粋な「医療ドラマ」としての!
「救命病棟24時」第4シリーズ!を望む次第である!

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2005年1月11日 (火)

「87%-私の5年生存率-」渡辺いっけい&古田新太

「夏川結衣」が「5年生存率」が「87%」といわれる
初期「乳癌」にかかった「シングルマザー」を演じる
日本テレビ系!水曜ドラマ「87%-私の5年生存率-
注目の「キャスト」は「渡辺いっけい」&「古田新太」

渡辺いっけい」は…昨年も同じ「水曜ドラマ」枠の
光とともに…~自閉症児を抱えて~」に「出演」!
古田新太」は…一昨年「ぼくの魔法使い」で「怪演」
「日テレ」の「ドラマ」には「縁」があるのであるが…

「渡辺いっけい」と「古田新太」という「舞台俳優」
として名を馳せる「2人」が!どんな「役どころ」で
「共演」を果たすのか?「劇団☆新感線」を知る者に
語らせると?結構!「興味深い」ところではあろう?

「古田新太」が…昨年「髑髏城の七人」の「再演」が
話題となった「劇団☆新感線」の「看板俳優」である
ことは「周知の事実」であり!「渡辺いっけい」が…
過去に「劇団☆新感線」に在籍していたことも有名?

しかし!「渡辺いっけい」が「在籍していた頃」の…
「大阪芸術大学」学生を中心とする「劇団☆新感線」は
「つかこうへい作品」コピー劇団!として「有名」で
「熱海殺人事件」「いつも心に太陽を」などを上演!

「古田新太」が「看板」となり「現在」に続いている
「ハードロック・へヴィメタル」な「活劇」路線とは
「掛け離れた」ものであったわけで!…今となっては
「劇団☆新感線」出身!というと…「誤解」を生む?

全く異なる「劇団☆新感線」を演じてきた「2人」が
「連続ドラマ」の「レギュラー」としては「初共演」?
となる「87%-私の5年生存率-」で!…果たして!
どんな「絡み」を見せてくれるのであろうか?しかも!

「ドラマ」では「コミカル」な演技を期待されがちの
「2人」であるが…「舞台」では「格好良く」決める
ことも多いわけで!…「テーマ」が「シリアス」な!
「87%-私の5年生存率-」でも「期待大」である!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005年1月10日 (月)

Q「Mの悲劇」主題歌!謎の女性ユニット「Sister Q」

「SMAP」稲垣吾郎!&「ハセキョウ」長谷川京子!
「ヒューマン・ホラー」TBS系!日曜劇場「Mの悲劇

稲垣吾郎!演じる…サラリーマン「安藤衛」の人生を!
大きく狂わせる美女「相原美沙」に扮する!長谷川京子

「美沙」が「衛」を追い詰める「理由」は「ドラマ」の
「中盤」まで明かされない!…「サスペンス」仕掛け!

「主題歌」も!「謎」の?女性ダンスボーカルユニット
Sister Q」が歌う「Night and Day」に漸く?決定!

但し「2万人」が応募した「オーディション」で選出!
女性3人「Sister Q」に関する「詳細」は「未公表」

「悲劇」を見た後に…窓を開けて風を入れる
ような「新鮮な」アーティスト!「悲劇」の
先にある「光」を暗示するような曲を選んだ…

…との「理由」で!デビュー前の「新人」を異例の抜擢!
「曲」も「ジャズ」の「スタンダードナンバー」を選曲!

「ドラマ」同様!「Sister Q」の「素顔」に関しても
「徐々に」明らかにされるのであろうが?「期待大」?

【「2月24日」付けの「記事」を追記します】

「長谷川京子」主演!日曜劇場「Mの悲劇」の主題歌
Night and Day」を歌う謎のユニット「Sister Q」
ついに!その「素顔」が!明らかにされたのであるが
驚くべきことに?「女子高校生」&「女子中学生」!

メンバーの「MASAMI」と「AYANO」は共に
「18歳」の「現役高校生」で…残る一人「AYA」は
「ダンスセンス」を買われて合格した「中学生」!…
今後も徐々に「ベール」を脱いでいくそうであるが…

「AYANO」は「声楽」と「ピアノ」を今までも!
「専門的」に学んできた「逸材」ということであり…
「MASAMI」は「明治アーモンドチョコレート」の
テレビCM」で!既に「女優」として「デビュー」

「CMソング」を歌う「山下達郎」と同じ「事務所」
ということも奏功しているのであろうが!とにかく!
いかにも「純愛ドラマ」という「ストーリーCM」で
俳優「瑛太」の相手役!を演じているのであるが!…

「チョコレート…好きなんですか?」…と問いかける
「初々しい」少女が!「Sister Q」の一員として!
しっとりと「大人っぽく」歌い上げている「姿」を!
ぜひとも「歌番組」で確認してみたい次第ではある!

ちなみに!「MASAMI」の本名が「光岡昌美」で
「ノアボーカルアカデミー」名古屋校レッスン生!…
であることは…「ノアボーカルアカデミー」サイトで
既に「ベール」を剥いで?くれてはいるのであるが!

問題!143
1月16日スタート!TBS系!日曜夜9時「日曜劇場」
「稲垣吾郎」さん!主演「Mの悲劇」の「主題歌」は…
「謎」の?新人「女性ダンスボーカルユニット」である
「Sister Q」が歌う「Night and Day」となりましたが
…では!「1984年」に「リリース」され「ヒット」した
「主人公」を演じた「薬師丸ひろ子」さん自身が歌った
角川映画「Wの悲劇」の「主題歌」の「タイトル」は!
ズバリ!!!!!!!!!!!!!!!!!何でしょう?????????????????

???????????(「クイズ」も!適宜「出題」します)???????????

正解…こちらをご覧ください
(正解、および詳細は…お手数ですが…「リンク先」を
 ご覧になって…ご自身でのご確認のほど、勝手ながら
 宜しくお願い致します!)

【「第6話」を見終えた直後の「記事」を追記します】

「最終回」の行方が依然!見えてこない?「Mの悲劇
「長谷川京子」演じる「美沙」は「生きる」理由を!
新たに!「見つけ出す」ことができるのであろうか?
その辺りを「導き出す」ために!大胆な「推論」を?

「香田美沙」の「生きる理由」であった「相原亘」が
「自らの命」を絶ったことが!「美沙」を苦しめて!
早く「楽になりたい!」と自らも!「後追い自殺」?
しかし!「亘の死」が「自殺」で無かったとしたら?

「美沙」にとって「亘の存在」がそうであったように!
「亘」にとっても「美沙の存在」が「生きる理由」で
あったことを!自ら「否定」したことにはならない!
つまり!「美沙」の「苦しみ」が一つ!取り除かれる?

自暴自棄になっていた「亘」ではあったのであるが…
「美沙」がいる限り!自ら「命を絶つ」ことまでは!
考えていなかったのでは?…つまり!「誰かの手」で
「自殺」に見せかけて!…「亘」は「殺された!」?

「亘」が刺してしまった「チンピラ」の「関係者」が
「逆恨み」して?もしくは「事件」の絡みで「亘」が
「誰か」の「秘密」を知ってしまって「邪魔者」に?
とにかく!「隠された事実」があることは間違いない?

「亘」にとっても最後まで「生きる理由」が「美沙」
であったということならば?「美沙」は「亘」の為に!
これからも「生き続ける!」ことができるわけである!
…その為にも?「他殺」であって欲しい?…とにかく!

「ドラマ」に挿入されている「FOMA」の「CM」で
振り撒いているような「長谷川京子」の「笑顔」に!
「最終回」では「ドラマ」の中でも!お目にかかれる
…そんな「救いのある」顛末を切に望む次第である!

「人気blogランキング」芸能&ドラマ!ブログ満載

| | コメント (1) | トラックバック (7)

2005年1月 9日 (日)

「不機嫌なジーン」掟破り?大河ドラマ「義経」挑発?

「タッキー」こと「滝沢秀明」主演!大河ドラマ!…
義経」が!おどろおどろしい?「語り」を伴って!
厳かな雰囲気の中?いよいよ!始まったのであるが…
「初っ端」の見せ場!は…御存知「鵯越の逆落とし」

主人公「源義経」が「源平合戦」の優劣を決定付ける
「一ノ谷の戦い」を大勝利!に導いた「奇襲作戦」…
名づけて「鵯越(ひよどりごえ)の逆(坂)落とし」
取って置きの「オープニング」だったわけであるが…

「鵯越」といえば!「竹内結子」主演!フジテレビ!
「月9」1月17日スタート!「不機嫌なジーン」で…
ヒロイン「蒼井仁子」が籍を置く「大学」の名前が!
掟破りの?「鵯越大学(ひよどりごえだいがく)」!

「ドラマ」では…「架空」の「大学名」を考えるのに
結構「四苦八苦」するもので?「東都大学」などは!
「定番」として使われすぎていて「独自性」が欠如!
それ故「突拍子も無い」ものが!たまにあるのだが…

如何せん!「鵯越大学」とは…大河ドラマ「義経」を
「意識」している?にしても「思い切り」過ぎ?…と
感じていたのだが!まさか?「フジテレビ」サイドが
「オープニング」だと「読みきった」のであろうか?

この調子で「義経」を「挑発」するような「名前」を
「不機嫌なジーン」で「連発」させてくれるならば…
「竹内結子」の「ラブストーリー」だけに止まらず!
「コメディー」としても!「期待度満点」ではある?

| | コメント (1) | トラックバック (6)

« 2005年1月2日 - 2005年1月8日 | トップページ | 2005年1月16日 - 2005年1月22日 »