« 2005年3月6日 - 2005年3月12日 | トップページ | 2005年3月20日 - 2005年3月26日 »

2005年3月19日 (土)

「ごくせん」最終回「黒銀学院」から「やんばる学院」

ごくせん」の「最終回」ラストシーン!は「沖縄」
「高視聴率」の「御褒美」の意味合いも含まれた?…
「仲間由紀恵」の「生まれ故郷」である「沖縄」での
「緊急ロケ」で!「ヤンクミ」は「クランクアップ

「最終回」の「一番の見所」であった?「正真正銘」
「黒銀学院」校歌!は…結局「登場」しなかった!…
…ということは!勝手に作ってしまった「校歌」の?
素晴らしき場所」の「不戦勝」という「結果」に?

兎にも角にも!「本物」が無い?以上は…暫定的に?
「素晴らしき場所」を「黒銀学院」校歌!として?…
今後とも「ごくせん」を「思い出す」度に!何気なく
口ずさんだとしても?「御天道様」は許して下さる?

…と思っていた途端!「ヤンクミ」の新しい赴任先が
沖縄県「やんばる学院」であることが!明らかに!…
「くろぎ~ん!くろぎ~ん!」の「フレーズ」を単に
「やんばる~!やんばる~!」に替えるだけでも?…

「やんばる学院」校歌!に聞こえなくはないのだが?
暫定とはいえ?「素晴らしき場所」は「黒銀学院」の
「校歌」である以上?「お手軽」にするわけには!…
そこで!「やんばる学院」校歌!近日?公開予定?…

「三線」の「リズム」に乗せた「沖縄民謡」の香り!
もし?「やんばる学院」校歌!が流行ってしまえば?
「ごくせん」第3弾「やんばる学院」編も「実現」?
「ごくせん」続編制作祈願!としても?乞うご期待?

「人気blogランキング」芸能&ドラマ!ブログ満載




  【再生ボタン】を「クリック」すると「動画版」スタートです!

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2005年3月18日 (金)

「優しい時間」祝!最終回「森の時計」一般向け!開店

「倉本聰」脚本「寺尾聰」主演…ドラマ「優しい時間
遂に「最終回」にして!初めて?「二宮和也」演じる
湧井拓郎」が!父「勇吉」の「森の時計」を訪れる?
「感動」の「父子」の「再会」が描かれることに?…

実際!「寺尾聰」と「二宮和也」の「共演シーン」は
「回想」という形でしか無かったわけで…「最終回」
漸く「本物」の「共演」が「森の時計」で「実現」?
役者「二宮和也」の「成長振り」にも!期待度満点!

その「森の時計」は!ドラマ「優しい時間」の為に!
造られた…所謂「ロケセット」であるのだが!終了後
その「処遇」は如何なることになるのか?と密かに?
危惧していたのであるのだが…漸く?判明した次第!

「最終回」を前にした「3月19日」に「一般向け」の
「喫茶店」として!「開店」する運びになった模様!
場所は…北海道「新富良野プリンスホテル」の敷地内
「富良野」の新「観光スポット」となりそうであるが

「倉本聰」主宰の「富良野塾」OBが「マスター」に
就任する限りは!「寺尾聰」風「立ち居振る舞い」は
勿論のこと!是非!客に「ミル」で「豆を挽かせる」
あの「サービス」の「実現」を切に願う次第である!

「人気blogランキング」芸能&ドラマ!ブログ満載

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年3月17日 (木)

「H2・君といた日々」最終回「原作」の続きを描く?

「あだち充」原作「H2~君といた日々」の最終回!
「山田孝之&石原さとみ」主演!…とはいうものの!
誰が見ても?「ヒロイン」は…「古賀春華」ではなく
「原作」通り?「市川由衣」演じる「雨宮ひかり」?

高校野球の聖地「甲子園」で!最初で最後の対決!…
「山田孝之」演じる「千川高校」の「国見比呂」と!
「田中幸太朗」扮する「明和一高」の「橘英雄」!…
それは!「雨宮ひかり」を賭けた「戦い」でもある?

「古賀春華」が「ヒロイン」という設定であるので?
「ひかり」は「英雄」を選び?必然的に?「比呂」は
「春華」の「想い」に応える?という「恋の結末」が
用意されるのではあろうが?…「原作」とは違って!

「最終回」の「結末」は!基本的には「オリジナル」
「原作」の続き!まで「描かれる」らしいとのこと!
「小ネタ」炸裂!「ツッコミ」どころ満載!らしく?
「最後の最後」まで「遊んで」欲しい次第であって…

例えば?「比呂」は「高校卒業」後…何故か?突然!
「消防士」を目指して?「ファイヤーボーイズ」に?
「英雄」は「戦隊」を組んで?「アバレンジャー」?
もちろん「春華」は「舞」を習得して?「静御前」?

…とまでは如何せん?「無理」だとしても?やはり!
「最終回」の「キーワード」であるところの「夢」!
「4人」それぞれの「前途」を「暗示」する際には…
「極め付け」の「小ネタ」を!切に願う次第である!

「人気blogランキング」芸能&ドラマ!ブログ満載

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年3月16日 (水)

「87%」最終回「5年後」が描かれなかった「事情」?

「夏川結衣」&「本木雅弘」主演!「87%」最終回!
「5年生存率」が「87%」とされる…初期の「乳癌」
…「最終回」では!ヒロイン「小谷晶子」の如何なる
「5年後」が「描かれる」ことになるのであろうか?

「テレビ番組を斬る!」3月10日付けの「記事」でも
採り上げたのであるが!「現実」は全く違っていた?
「87%」の「最終回」で描かれたのは!「2年後」!
何故?「5年後」は!描かれなかったのであろうか?

「最終回」の内容を「5年後」としていても?殆ど!
差し障りは無かったはず?「5年後」の「生存」が!
病気の「完治」を示すことでもない?のであるなら…
「また一緒に!頑張りましょう!」は成立したはず!

「2年後」でなければならなかった「事情」とは?…
実は!「晶子」の一人息子「蒼太」にあったのでは?
「2年後」に「蒼太」は「中学生」になるのであるが
如何せん?あの「学生服」姿には「無理」があった!

つまり!「2年後」の「蒼太」を同じ「川口翔平」が
演じることさえ!かなりの「違和感」を感じるのに!
まして!「5年後」となると?「成立」さえ不可能?
「川口翔平」が!「蒼太」を演じることが出来ない!

「蒼太」は!…「晶子」が実は「乳癌」であることに
「気付いていた」…しかし!「そっとしておいた」!
この「母と子の絆」を表す「感動シーン」を!今更!
「川口翔平」以外では!描くことはできないわけで?

「川口翔平」が!演じることが可能な「設定」から?
やむを得ず?「2年後」となった次第なのであろう?
当然「5年後」が描かれる?…と思っていた視聴者に
その「事情」が伝わったか?興味深いところではある!

「人気blogランキング」芸能&ドラマ!ブログ満載

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005年3月15日 (火)

「不機嫌なジーン」陣内孝則の登場が「謎」を解く鍵?

不機嫌なジーン」最終回!間近になって漸く登場!
…となったのは!「オダギリジョー」だけに止まらず
もう一人!「山本光」事務長!に扮する「陣内孝則」
そこに!あの「謎」を解き明かす「ヒント」がある?

第8話」にして漸く「現在」になった!と同時に!
「登場」したのが…大学「事務長」役の「陣内孝則」
「テレビ番組を斬る!」2月15日付けの「記事」でも
採り上げたのであるが!昨年末「40日間」も「入院」

同じ!フジテレビ系「みんな昔は子供だった」の方は
無理を押して「第1話」から「出演」していたのだが
「不機嫌なジーン」は「体調」が戻り次第の「出演」
…ということに急遽「内容変更」されていたのでは?

「仁子」を苛める!唯一の立場?である「事務長」が
突然?現れる!…というのは「不自然」極まりない?
それで「2年間」という「時間経過」が必要だった?
つまり「2年前」には居なかったが「現在」は居る!

結局「2年前」という「中途半端」な「時代設定」を
余儀なくされたのは…予定していた?「陣内孝則」の
「第1話」からの「出演」が「不可能」になった為?
「途中」から違和感無く?登場させる「苦肉の策」?

確かに!同じく「日本アカデミー賞」発表後に漸く?
「出演」可能の?「オダジョー」と!「陣内孝則」が
揃い踏みの「第8話」以降!「ドラマ」は急展開!…
本来!描きたかった「不機嫌なジーン」が「実現」?

その根拠として?「繋ぎ役」で急遽!人物設定した?
「黄川田将也」扮する「白石」先生は!「第9話」で
遂に!全く「出番なし」…明らかな「用済み」扱い?
「オダジョー」と「陣内孝則」参戦で「本来」の布陣

そう「憶測」すると!「最終回」が!期末ギリギリ!
「3月28日」と!今期の「連ドラ」の中でも!最も!
「遅い」ということも「納得」できる?…ある意味で
「第8話」こそが!本当の「初回」なのであるから!

「人気blogランキング」芸能&ドラマ!ブログ満載

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005年3月14日 (月)

「Mの悲劇」最終回!諸悪の根源?謎の「泥棒」登場?

ついに「最終回」を迎える!日曜劇場「Mの悲劇」…
「長谷川京子」演じる「美沙」の「復讐劇」のはずが
「佐々木蔵之介」演じる「」の「恨み節」に変じて
「ホラー」要素だけは増幅されてはいるのであるが!

「テレビ番組を斬る!」2月28日付けの「記事」で…
「吉岡美穂」演じる「」こそが!「」を「死」に
至らしめた「真犯人」?…と「無茶苦茶」な憶測で!
「大どんでん返し」を期待したのに!見事?空振り?

結局「怪しすぎる」人物「明」こそが「真犯人」!…
「瞳」は!単に「亘」の「ファン」であっただけで!
「恋人」と知って!幼馴染みの「美沙」を「逆恨み」
「亘」の「死」には!全く「関与」していない模様?

ところで…「美沙」の両親が「死」に追いやられた…
「信用金庫」強盗!が「明」の「父」であることは!
もはや「明白」?…「美沙」の「憎むべき」人物は!
「明」の「父」…というか?その「要因」を作った…

「安藤衛」の「父」?…結局!「美沙」の「恨み」は
「衛」から離れることはないのであろうか?…否や!
「諸悪の根源」は!全ての「歯車を狂わせる」要因を
作ったということで!「安藤家」に入った「泥棒」!

果たして「最終回」で!あの「泥棒」が再び「登場」
と相成るのであろうか?…まさか「泥棒」までもが!
「因果関係」を持っているという「どんでん返し」?
…となると!演じる「俳優」の「正体」に興味津々?

加えて「公式サイト」の「予告版」に記されている!
…「衝撃と感動の最終回を、お楽しみに。」…の中の
「感動」とは?何を「指す」ものであるのか?本当に
「感動」できるのか?…に関しても「期待度満点」?

【「最終話」を見終えた直後の「記事」を追記します】

「稲垣吾郎」主演!日曜劇場「Mの悲劇」最終回!…
あれ程!反目しあっていた筈の「衛」と「美沙」が!
「心」で結びついてしまったことを「象徴」に!結局
全て「キレイ事」で片が付いて?目出度し目出度し?

「公式サイト」の「衝撃と感動の最終回」の意味は?
「亘」が「生きていた?」結局!安易な「夢落ち」?
借金取りの「尾崎」とは「美沙」と「ひかりの家」で
一緒だった!なのに「美沙」には!全く記憶が無い?

「瞳」は「許す」ことを知った「美沙」に「許され」
「衛」の母の謝罪により「久保明」も「救われた」?
「下柳」も「衛」を助けた!ことによって「贖罪」?
結局!最後まで「自分の身」を自分で守れない「衛」

「最終回」から「衝撃」と「感動」を探し出すのは?
結構!「困難」な様相であり!「期待」を寄せていた
「泥棒」の「登場」も!「亘」の「ひかり」熱唱も!
全て「空振り」に終わってしまった次第であるので!

「最終回」ラストシーン!「歴史は繰り返す」如く?
「その時!正しい!と思ったことをする!」と決めた
「衛」の眼前で!繰り広げられてしまう「暴行事件」
「その時」の「衛」の取った「行動」を大胆「推論」

当然!「見て見ぬ振り」は出来ないはず?の「衛」は
敢然と「チンピラ」に立ち向かい!見事に「救出」!
しかし!舞い戻った「チンピラ」に!ナイフで刺され
呆気なく「絶命」?…ということは!考えられない!

如何せん!突然「喧嘩」が強くなっているはずもなく
呆気なく「返り討ち」にあって!大事な「商談」にも
間に合わず!その結果!再び「エリートコース」から
「転落」というところが「妥当な線」であろうか?否

「自分の身を自分で守れない」自覚から?「自分」が
「他人」を「守れない」いや「守ってはいけない」?
…と判断して?大声で「他人」に「助け」を求める?
若しくは「安全重視」で「見て見ぬ振り」が最有力?

何かと「釈然」としない部分が多かった「Mの悲劇」
ではあるのだが!「足を踏まれた方は覚えている」…
「気が付かないところで他人を傷つけているかも?」
…という「教訓」だけは「肝に銘じる」次第である!

「人気blogランキング」芸能&ドラマ!ブログ満載

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年3月13日 (日)

「ごくせん」最終回「黒銀学院」校歌!本物登場?

ごくせん」の「最終回」が!悲願の「30%超え」を
達成することを「祈願」して?勝手に「黒銀学院」の
校歌」なるものを作ってしまったわけであるが!…
「嬉しい」誤算?「最終回」を待たず「30%達成」!

「3月5日」放送「第8話」で「日本テレビ」系の!
「連ドラ」としては「1995年」放送「家なき子2」の
「最終回」が記録した「31.5%」以来の「30%台」!
「ドラマ冬の時代」と言われる昨今では「神懸り」的?

…ということは?「一足早い」大台達成!の一因に?
勝手に作った!「黒銀学院」校歌?の「後押し」が?
…との「妄想」も?強ち「嘘」では無くなるわけで?
兎にも角にも!「くろぎ~ん!くろぎ~ん!」合唱?

「ごくせん」最終回「90分スペシャル」の「見所」?
「黒銀学院」理事長「黒川銀治」は!実は!…昔は?
黒田龍一郎」の「大江戸一家」と?関係浅からぬ?
「黒銀一家」という「任侠集団」の「跡取り」息子?

…ということよりも?「卒業式」で「正真正銘」の?
「黒銀学院」校歌!が「披露」されるか?…の一点!
「本家本物」の「校歌」と!勝手に作った「校歌」?
「素晴らしき場所」との「タイマン」勝負や!如何?

早くも「続編」希望!が殺到している「ごくせん」…
「ヤンクミ」が!また新たな「高校」に赴任すると!
また新たな「校歌」を勝手に作る!ことも出来る?…
その為にも「伝説」に残る「高視聴率」を願う次第!

【「最終話」を見終えた直後の「記事」を追記します】

ごくせん」の「最終回」ラストシーン!は「沖縄」
「高視聴率」の「御褒美」の意味合いも含まれた?…
「仲間由紀恵」の「生まれ故郷」である「沖縄」での
「緊急ロケ」で!「ヤンクミ」は「クランクアップ

「最終回」の「一番の見所」であった?「正真正銘」
「黒銀学院」校歌!は…結局「登場」しなかった!…
…ということは!勝手に作ってしまった「校歌」の?
素晴らしき場所」の「不戦勝」という「結果」に?

兎にも角にも!「本物」が無い?以上は…暫定的に?
「素晴らしき場所」を「黒銀学院」校歌!として?…
今後とも「ごくせん」を「思い出す」度に!何気なく
口ずさんだとしても?「御天道様」は許して下さる?

…と思っていた途端!「ヤンクミ」の新しい赴任先が
沖縄県「やんばる学院」であることが!明らかに!…
「くろぎ~ん!くろぎ~ん!」の「フレーズ」を単に
「やんばる~!やんばる~!」に替えるだけでも?…

「やんばる学院」校歌!に聞こえなくはないのだが?
暫定とはいえ?「素晴らしき場所」は「黒銀学院」の
「校歌」である以上?「お手軽」にするわけには!…
そこで!「やんばる学院」校歌!近日?公開予定?…

「三線」の「リズム」に乗せた「沖縄民謡」の香り!
もし?「やんばる学院」校歌!が流行ってしまえば?
「ごくせん」第3弾「やんばる学院」編も「実現」?
「ごくせん」続編制作祈願!としても?乞うご期待?

「人気blogランキング」芸能&ドラマ!ブログ満載




  【再生ボタン】を「クリック」すると「動画版」スタートです!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年3月6日 - 2005年3月12日 | トップページ | 2005年3月20日 - 2005年3月26日 »