« 2004年12月26日 - 2005年1月1日 | トップページ | 2005年1月9日 - 2005年1月15日 »

2005年1月 8日 (土)

Q「H2・君といた日々」主題歌!韓流!K「over...」

「山田孝之」&「石原さとみ」主演!「あだち充」原作
TBS系!木曜夜10時!ドラマ「H2・君といた日々

「主題歌」は…韓国出身「イケメン」本格派シンガー!
「K」が「日本語」で歌う!…デビュー曲「over...」!

「天国からの歌声」の持ち主!と称される「歌唱力」と
「俳優ばり」の端正な「顔立ち」を併せ持つ大型新人!

「ソウル」生まれの「21歳」…韓国では「無名」ながら
その評判を聞きつけた「TBS」スタッフが…大抜擢!

僕の歌を聴いた人が…忘れかけていた記憶の
大切な感情を感じ取ってくれたら…すごく!
うれしい!…僕は人の「心」に大事な思いや
希望を届けるメッセンジャーなのかな…

…と「日本デビュー」にあたって「コメント」した「K」
「日韓友情年」に相応しい「実力派」の登場に期待大!

問題!142
1月13日スタート!TBS系!木曜夜10時!青春ドラマ
「H2・君といた日々」の「主題歌」は…韓国出身!の
実力派男性ボーカリスト「K」さん!が「3月2日」に
「日本デビュー」曲としてリリースする「over...」に
決定しましたが…では!2004年「11月25日」に「日本」
デビューを「HUG」で果たした「韓国」超イケメン!
男性5人組「コーラスグループ」の「グループ名」は!
ズバリ!!!!!!!!!!!!!!!!!何でしょう?????????????????

???????????(「クイズ」も!適宜「出題」します)???????????

正解…こちらをご覧ください
(正解、および詳細は…お手数ですが…「リンク先」を
 ご覧になって…ご自身でのご確認のほど、勝手ながら
 宜しくお願い致します!)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005年1月 7日 (金)

「富豪刑事」に強力援軍?「デカレンジャー」載寧龍二

「深キョン」こと「深田恭子」主演!「富豪刑事」!
ヒロイン!超お嬢さま「神戸美和子」の「配属」先は
「焼畑署捜査係」なのであるが…当然のことながら?
「歓迎」ムードとは程遠い!所謂?「厄介者」扱い!

署長役「西岡徳馬」を筆頭に…警部役「山下真司」…
刑事役「升毅」「寺島進」「相島一之」「鈴木一真」
「捜査係」の面々が「美和子」を疎ましく思う中で!
唯一?「美和子」の「味方」になってしまう?のが…

「特捜戦隊デカレンジャー」主演「デカレッド」こと
「赤座伴番」を演じている「載寧龍二」扮する…刑事
「西島誠一」!「戦隊もの」の「リーダー」としては
相当?お調子者である「デカレッド」なのであるが…

「富豪刑事」では「捜査係」の一番「下っ端」の刑事
…真面目で一生懸命だが!行動はどこか?的外れ!…
ところが!「美和子」が危機に陥ると何故か居合わせ
「助けて」しまう!という「これって奇跡?」な存在

もちろん!そのせいで!…日々!怒鳴られ続けている
「先輩刑事」からは…さらに「ボコボコ」にされる!
…まさしく?「イジメられ」キャラ!なのであるが…
「デカレッド」を見ている限り「ハマリ役」の予感?

「戦隊もの」ヒーローが!同じ「テレ朝」とはいえ!
「同時期」に「連ドラ」しかも!同じ?「刑事」役を
演じるのは「異例中の異例」ではあろうが?…結構!
「載寧龍二」ゆえに!と納得させられそうではある?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年1月 6日 (木)

「H2」=「ウォーターボーイズ」+「ごくせん」?

H2・君といた日々」の「主要キャスト」である…
「山田孝之」「石原さとみ」「田中幸太朗」…そして
「市川由衣」「石垣佑磨」「中尾明慶」の「6人」を
「過去」の「共演ドラマ」で「ペアリング」すると!

「山田孝之」と「石垣佑磨」は「ウォーターボーイズ
「石原さとみ」と「中尾明慶」は…その「続編」の!
ウォーターボーイズ2」…もちろん「山田孝之」と
「田中幸太朗」は「世界の中心で、愛をさけぶ」も!

意外なところでは?「石垣佑磨」が「レギュラー」を
務めていた「ごくせん」の…「第2話」のゲストで!
田中幸太朗」が!…そして「第7話」のゲストで!
市川由衣」が!それぞれ「共演」していたのである!

「ごくせん」も「3年ぶり」に「復活」ということで
よくよく考えれば!何年経っても「高校生」なのは…
主演「山田孝之」だけではなく!「田中幸太朗」も!
「石垣佑磨」も!「相当なもの」だったわけである!

「甲子園球場」で「試合」の「ロケ」を行うなど!…
「野球部員」としての「その他大勢」的「高校生」に
元!有名「子役」が!意外と?紛れ込んでいそうで?
「H2・君といた日々」は「発見する」喜びも満載?

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2005年1月 5日 (水)

「3年B組金八先生」上戸彩「性同一性障害」その後

武田鉄矢!主演「3年B組金八先生」第7シリーズ!
2005年!最初の放送は…1月7日!2時間スペシャル
取っておき「ゲスト」として!…「第6シリーズ」の
「ヒロイン」と言うべき?「上戸彩」が「特別出演」

思い返せば…3年前!「性同一性障害」の「悩み」を
抱える「鶴本直」を演じて!一躍脚光を浴びたのだが
「紅白歌合戦」で「波田陽区」に斬られていたように
「国民的美少女コンテスト」では「審査員特別賞」!

「3B」に続いて…「渡る世間は鬼ばかり」ゲスト!
「マイリトルシェフ」レギュラー!「高校教師」では
ヒロイン!と「TBS」系ドラマ!に出演しながら…
映画「あずみ」主演!で「ブレイク」した格好だが!

NHK大河ドラマ「義経」に繋がったのは!やはり?
紛れも無く「テレビ朝日」系「エースをねらえ!」の
「大ヒット」によるものであろう?しかも!第2弾?
「アタックNo.1」も!早々と!発表されている状況!

…となると!辛抱強く?「上戸彩」を起用し続けた?
「TBS」としては…忸怩たる思い!もありそうで?
満を持しての「3年B組金八先生」へ「再登場」は…
「上戸彩」を育てた「自負」を誇示したいのであろう?

とにかく!「鶴本直」が「性同一性障害」に関する?
自らの「決断」を「金八先生」に「報告」するという
エピソード」が…「上戸彩」自身の「成長ぶり」を
如実に?物語ってくれそうで!期待度満点ではある!

| | コメント (1) | トラックバック (5)

2005年1月 4日 (火)

「救命病棟24時」SP!松嶋菜々子&伊藤英明!初共演

「江口洋介」&「松嶋菜々子」ダブル主演!待望の…
救命病棟24時」第3シリーズ!放送開始1週間前の
「1月4日」に「特別企画」された「スペシャル版」
「第1シリーズ」の「総集編」であったわけであるが

「第1シリーズ」のヒロイン!「松嶋菜々子」演じる
「小島楓」と「第2シリーズ」に登場の「伊藤英明」
扮する「矢部淳平」が…「初対面」を果たし!互いに
「江口洋介」演じる「進藤一生」を「語る」設定で…

「松嶋菜々子」と「伊藤英明」を「初共演」させて!
2つの「シリーズ」を巧妙に「連携」させながらも…
最後は「進藤一生」の「現在」を描くことで!次週に
繋げていくという…見事な「番宣」に仕上がっていた!

「6年前」の「松嶋菜々子」の…初々しい「演技」を
懐かしみながら!「ママ」となってから「初めて」の
「演技」を重ね合わせてみたのだが…「研修医」が!
「一人前」の「救命医」になった如く!の感慨である!

今や!立派な「2枚看板」となった「江口洋介」と!
「松嶋菜々子」が!如何なる「調和」を奏でるのか?
「救命病棟24時」に思い入れ過剰?の「江口洋介」が
「こだわり」過ぎない!ことを切に願う次第である!

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2005年1月 3日 (月)

「富豪刑事」原作者!筒井康隆!レギュラー出演

「深キョン」こと「深田恭子」主演!「富豪刑事」!
原作は「筒井康隆」が1978年に著した「ミステリー
その「原作者」自ら!「登場人物」として「出演」!
…というのは!かなり「珍しい」はずであるのだが…

実は「筒井康隆」氏は…平成14年秋「紫綬褒章」受章
という「作家」としての「肩書き」も然ることながら
ホリプロ」所属の「俳優」「タレント」としても!
「映画」「ドラマ」に相当の「出演歴」を誇っている!

2001年には…NHK大河ドラマ「北条時宗」に登場!
昨年も!TBS系!連続ドラマ「新しい風」に出演!
1990年代には「時をかける少女」や「七瀬ふたたび」
などでも「原作」&「出演」の二役をこなしている!

とにかく「出演」することに「御執心」の様子から?
もしかしたら?「富豪刑事」の「原作」使用許諾に!
「自ら」の「レギュラー出演」を「条件」とした?と
憶測しても…強ち?間違ってはいないかもしれない?

ただ!「俳優」としての「筒井康隆」の「渋さ」も!
「定評」のあるところなので!「深キョン」が扮する
「神戸美和子」の「敵役」となる「瀬崎龍平」役は…
まさに「ハマリ役」を「自作自演」する恰好ではある!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005年1月 2日 (日)

「ごくせん」亀梨和也&赤西仁!生徒役が「急所」

「仲間由紀恵」主演!「ごくせん」満を持して登場!
新米高校教師!の「ヤンクミ」こと「山口久美子」と
「不良高校生」達との「心の交流」を描いて!前作は
平均視聴率「17.4%」と好評を博したわけであるが…

「仲間由紀恵」が「メガネ」に「お下げ髪」おまけに
「ジャージ姿」で「正義」の「啖呵」を切る!という
「斬新さ」と「意外性」が「成功」の要因であった!
しかし!「続編」となると!それだけでは済まない?

「ヤンクミ」を「引き立てる」意味でも!脇を固める
「登場人物」が「より魅力的」でなければならない!
…となると!「生徒役」が「成否」を分ける「急所」
となってくるわけで…その「配役」こそが「最重要」

「3年前」の前作で「3年D組」の「主要」生徒役は
「嵐」の「松本潤」を筆頭に「成宮寛貴」「小栗旬」
「石垣佑磨」と…その後「連ドラ」で「常連」となり
「脇知弘」も!欠かせない「デブ役」となっている!

「仲間由紀恵」との「絡み」を中心に「認識」された
「ごくせん」での「存在感」が!「飛躍」に繋がった
わけであるが…逆に!「キャスティング」の先見性が
「前作」の「成功」を支えていた!とも考えられる?

…となると!今回の「ごくせん」の「生徒役」の中で
前作で「松本潤」が演じた「役どころ」となるはずの
「KAT-TUN」の「亀梨和也」と「赤西仁」が!
「浮沈」の鍵を握ることになる!のは間違いないが…

何よりの「注目の的」は…「一般応募」まで決行した
「男子生徒役オーディション」で…結果的に!誰を?
「採用」したのか!実際「掘出し物」はあったのか?
新しい「ヒーロー」の誕生!こそが「急所」となる?

「人気blogランキング」芸能&ドラマ!ブログ満載

| | コメント (0) | トラックバック (12)

« 2004年12月26日 - 2005年1月1日 | トップページ | 2005年1月9日 - 2005年1月15日 »