« 2004年9月5日 - 2004年9月11日 | トップページ | 2004年9月19日 - 2004年9月25日 »

2004年9月18日 (土)

「ポコニチ」で検索可能!謎の「エチオピア国歌」?

朝日放送探偵!ナイトスクープ関西地区での放送
9月17日分」で…亡くなった「」が歌っていた…
エチオピア国歌」の「」を探って!との「依頼

」たちが覚えていた…何とも面妖な?「歌詞」の
一節である…「ポコニチ」を「ヤフー」で検索すると
…摩訶不思議?「エチオピア国歌」なるものが登場!

掲載元の「北大山とスキーの会」サイトによるところ
…「山スキー部で歌いつがれる歌」ということで!…
大学」で何故か?歌い継がれる」の判明

結局!「番組」で登場した「エチオピア人留学生
指摘通り!「エチオピア国歌」でも「エチオピア」の
」でも「アフリカ」の「」でも無かったわけで

でも!こんな「意味不明」の「」を一つくらいは…
誰しも!何故か「鮮明に覚えているものであって…
相変わらず「探偵!ナイトスクープ見逃せない

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2004年9月17日 (金)

「南くんの恋人」【評】最終回!まさかの「三年後」

「深キョン」深田恭子と「嵐」二宮和也が「主演」の
ドラマ「南くんの恋人」の「最後の結末」に関しては
内田春菊・原作の「コミック」及び「1994年」放送の
最初の「ドラマ化」では…「衝撃的」であったため!

つまり…どちらも「最後」は…「ちよみ」の「死」を
描いていたため…今度の「ドラマ」では「最終回」を
いかに「終わらせる」のか?…注目していたのだが…
まさか?「三年後」の「字幕スーパー」が登場とは!

「過去」の「南くんの恋人」の「結末」を「知る者」
に対して…「冒頭」の「葬儀」シーンは…「今度」も
「ちよみ」の「死」を予感させよう!…とする意図が
見え見え!だったのだが…結局は「ハッピーエンド」

でも!「月下の泉」の「一度の奇跡」を「他の事」で
使うことで「二度と戻れない」ことを「覚悟」させ!
その上で「愛」はいかなる「障害」をも乗り越える!
ことを「描く」ため?「ちよみ」は「小さい」まま!

ただし…「ちよみ」が「ペンダント」を忘れなければ
少なくとも「おじいちゃん」は、もう少し「長生き」
出来たはずで…「葬儀」シーンの為だけに?「命」を
縮めた「おじいちゃん」に改めて「合掌」!そして…

「夏のソナタ」を標榜していた「東京湾景」でさえ?
成し得なかった?まさかの「三年後」の登場に対して
こうなれば「冬のソナタ」のように「空白の3年間」
を綴った「もうひとつの南くんの恋人」を待望する!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月16日 (木)

「ラストプレゼント」【評】台風が「画竜点睛」を欠く?

ドラマ「ラストプレゼント・娘と生きる最後の夏」…
「最終回」天海祐希が扮する「明日香」の「最期」が
描かれることなく「幸福」な時を「生きている」まま
穏やかな「笑顔」で迎えた…安らかな「ラストシーン」

「明日香」の「死」が避けられないものであることは
「周知の事実」であることを考えると…「最終回」で
「最期」のシーンを「見せる」必然性は…実は無い!
「生きている」ままの「ラストシーン」も成立する!

「死」を見せることで「涙」に繋げることは容易い…
「最期の瞬間」で「泣きたい」視聴者を、裏切って!
「死」を見せないことで…尚更「涙」してしまう!…
そんな「最終回」を…ぜひ!見てみたいものである!

…との前々からの「希望」が叶えられて「本望」では
あるのだが…憎むべきは「浜辺」を襲った「強風」!
多分?前代未聞の「台風上陸」の「余波」であろう?
とにかく!あの「ケーキ」の「ロウソク」の「灯」!

「実家」でも「職場」でも「明日香」の「誕生日」を
祝って「バースデーケーキ」の「ロウソク」を灯す!
「出演者」全員!「最後」の出番は…明るい「笑顔」
そして「浜辺」の「バースデーケーキ」の「灯」は…

本当の「ラストプレゼント」とは…「歩」が贈った…
「私…毎日!ママの手を握って…頑張って!って言う
…だから!ママも…ママも!…私とたくさん居て!…
…一日でも!長く生きて!」という「生きる希望」!

その「象徴」となって…漆黒の海…「夜の浜辺」で!
…小さな「灯り」は…「歩」の前で!みんなと共に!
揺らぎながらも…いつまでも確かに「輝き」続ける!
有り得ない「奇跡」への…「希望」の「灯」として!

しかし!「肝心要」となる「ロウソク」の「灯」は!
折からの「強風」のため…「灯る」ことは無かった!
撮影を「延期」したくとも…翌日以降の方がさらに?
「荒天」との「予報」のため?正に「断腸の思い」!

最後の「記念撮影」…あの「バースデーケーキ」には
絶対に「灯」が!「命の灯火」が!「生きる希望」が
「煌々と」輝いていなくては!意味が無いのである!
まさしく「画竜点睛」を欠く!「切歯扼腕」の思い!

「ラストプレゼント」の「DVD」が発売される際は
ぜひとも「再撮」を実施して!…あの「ケーキ」に!
「ロウソク」の「灯」が「煌々」と輝く!「本来」の
「ラストプレゼント」を…心から!願う次第である!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004年9月15日 (水)

「ウォーターボーイズ2」と「スウィングガールズ」の関係

ウォーターボーイズ2最終回…いきなり「」が!
ジャズやるべ」って言い出さないか?心配だったが…

9月14日第11話」を見る限り「杞憂」に終わりそう?
…というより「スウィングガールズ」してしまった?…

石原さとみ!扮する「」たち「吹奏楽部」が…最後
演奏会」に向かう途中で「交通渋滞」に巻き込まれ…

バス」を乗り捨て「楽器」を持って「山道」を歩き!
でも!…最後の「演奏会」には!間一髪間に合わず

それでも!手伝ってくれた「泳吉」たち男子生徒の前で
健気精一杯!高校生活「最後」となる感動の「演奏

9月11日公開」となった…「ウォーターボーイズ」の
生みの親「矢口史靖」監督映画「スウィングガールズ

同じように?…ラストは「演奏会」に「間に合うか?
…っていう「見せ場」があるわけで!…でも「映画」は

本当の「クライマックス」は「ビッグバンド・ジャズ
スウィングガールズ」の「演奏シーン」は…不可欠

当然!しっかり「演奏」できて!「拍手喝采」の中で!
エンドロール」が流れ出して…めでたしめでたし

ウォーターボーイズ2」の中の「吹奏楽部」としては
脇役」に徹して「男子シンクロ部」を引き立てるため

多少は「悲劇」を演じないといけないわけで…それに!
スウィングガールズ」への配慮もあることだろうし?

間に合う」ことを許されなかった?「吹奏楽部」に!
ぜひ!今一度!大きな「拍手」を送りたいものである!

【「最終回」を見終えた直後の「記事」を追記します】

シンクロ公演」で「大成功」した「5段やぐら」!…
その「シーン」は…もはや!「ドラマ」では無かった
完全なる!「ドキュメンタリー映像」であったのだ!

ウォーターボーイズ2」!大感動「最終回」の次は!
お待ちかね!メーキング!…「あの感動をもう一度…
もうひとつのウォーターボーイズ2!完全実録版

10月4日月曜夜7時!「2時間スペシャル」放送!
市原隼人!はじめ「32人」の「ウォーターボーイズ」!
合宿風景」の「密着映像」大公開!ドキュメンタリー

初めてのシンクロ」に戸惑う様子!から「最終回」の
撮影直前」の「最終合宿」…の「クランクアップ
正真正銘!「ボーイズ」の完全無欠!「青春物語」!

特に!「ガンちゃん」こと「岩田巌男」を演じていた…
小池徹平」は…あまり?「泳げなかった」らしく!…
その「成長ぶり」は目覚しく「必見」との「情報」も!

シンクロシーン最後の「ボーイズ」たちが流した
本物」の…青春熱い」の…本当の「意味」が!
もうひとつのウォーターボーイズ2!」に実存する

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2004年9月14日 (火)

「東京湾景」【評】最終回の視聴率「16.3%」の功罪

「韓流」の月9「東京湾景」…9月13日「最終話」で
案の定!「美香」の「記憶」は戻ったのであるが!…
しかも「3年後」ではなくて!…「1年足らず」で!
それも「説得力」の無いくらい突然に「呆気なく」!

「記憶喪失」にする「意味」は全く「無かった」のは
明白であるのだが…「パク・ヨンハ」の出演といい…
「夏のソナタ」を「標榜」するには「必要不可欠」な
「設定」だと考えた結果なのであろう…その辺りに!

「プロデューサー」自ら「脚本」まで「執筆」した…
「功罪」が浮き彫りにされたように思う…とにかく!
「最終話」の「視聴率」は…何と「16.3%」と前週を
「2.6ポイント」上回り「初回の17.7%」に次ぐ高率!

「記憶喪失」「パク・ヨンハ」は…結果的に「成功」
それもこれも!「視聴率」を鑑みながら…「ウケる」
ことだけを「追求」して「脚本」に反映させることが
容易な「脚本家兼任プロデューサー」だからこそ!…

しかしながら…この「ドラマ」には「吉田修一」著作
「東京湾景」という「原作」があるわけで…結果的に
「設定」の一部のみを「拝借」しただけに終わると…
「原作者」の「憤り」は…「心中察するに余り有る」

「最終回」の「視聴率」を「成功」と捉えて…今後も
「原作」を全く「蔑ろ」にする「ドラマ作り」が続く
とすれば…「テレビドラマ」の「終焉」は遠くない!
潔く!最初から「夏のソナタ」でよかったのである!

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2004年9月13日 (月)

「逃亡者」【評】真犯人!黒幕!の陰に「黒川智花」?

【「最終話」を見終えた直後の「記事」を追記します】

「逃亡者」9月26日「最終話」…事件の「真犯人」!
「黒幕」は…予想通り!「原田芳雄」演じる…病院長
「来栖慶介」であったのだが…思い返してみると!…
その「伏線」は…周到に「用意」されていたのである!

「片平なぎさ」演じる「小野寺」師長が「擁護」した
…「本当は…優しい人なんです…弱い人なんです」…
そして…「原田美枝子」扮する「伊川」刑事が発した
「誰だって一歩間違えば…簡単に犯罪者になりえる」

実の「娘」を「手に掛ける」という…救いようの無い
「犯罪」に対して…決して「免罪符」にはならないが
…俳優「原田芳雄」の「顔」を立てる意味合いでも?
「人間の弱さ」ゆえの「罪」を「強調」したかった!

その「象徴」が…「うさぎ」の「ぴょんきち」の姿!
子供に対する「優しさ」を「目に見える形」で表現…
つまり!「羊」の皮を被った「狼」を標榜するための
「うさぎ」の皮を被った「院長」だったわけである!

当然ながら!…「子供のため」とはいえ「院長」自ら
「着ぐるみショー」を演じることは「尋常」でない!
…だからこそ「真犯人」への「伏線」だったわけで…
「最終回」では…高原に「野うさぎ」まで登場した!

一方では…「黒川智花」扮する「藤堂ナツミ」までも
唐突に「改心」して…優しい「少女」になっているし
…「ドラマ」というものは…「出演者」に対しても!
何かと「配慮」を必要とする場合が多いのであるが…

単なる「伏線」ではなくて…「親」という「尊厳」を
「完全崩壊」させないためにも?…今夏の猛暑の中!
延々と!最後の最後まで「うさぎ」の皮を被り続けた
「原田芳雄」の「名演」に…今一度!拍手を贈りたい!

【「第10話」を見終えた直後の「記事」を追記します】

「逃亡者」9月19日「第10話」で「事件の鍵」を握る
「黒川智花」扮する「藤堂ナツミ」の「父親」が!…
案の定「警察関係」しかも「警視総監」?であるとの
「情報」が示され「病院」との「関係」も明るみに!

やはり「藤堂」という「名前」は…「警察関係」では
特別な「意味合い」を感じてしまう?「視聴者心理」
ただし「日本テレビ」以外では…それを逆手に取って
惑わせてから「悪役」に仕立てるという「フェイク」

共犯者は…「加藤浩次」扮する警視庁「国枝」管理官
「片平なぎさ」演じる「小野寺」看護師長…それと!
「別所哲也」扮する外科医「郡司」…その「全て」を
「結びつける」少女「藤堂ナツミ」と…その「父親」

…しかし!こうして「並べて」みると…どことなく?
「違和感」を感じてしまう!…たった一人「黒幕」を
「挙げる」とすれば…「決め手」に欠けるのである!
つまり「藤堂ナツミ」が「黒幕」では「軽過ぎる」!

「最終回」予告!…「江口洋介」扮する「永井」が!
…「最後まで信じようとしてたんだよォ!」と慟哭!
「真犯人」に向けた「言葉」だとすれば…ズバリ!…
「黒幕」は「原田芳雄」演じる病院長「来栖慶介」!

予告で「原田美枝子」扮する「伊川」刑事が発した…
「誰だって一歩間違えば…簡単に犯罪者になりえる」
つまり!「臓器移植」を「推進」していたのは…実は
「来栖」院長!それを知って「許せなかった」のが…

実の「娘」であり「永井」の「妻」である「淳子」!
「告発」しようとした「淳子」の「口封じ」が動機!
「父」であるはずの「来栖慶介」は…「娘」よりも!
「病院」を「選んでしまった」わけである!…そして

「事件」直前に「保険金」が「増額」されていたのは
…「永井徹生」を陥れるための「罠」ではなくて!…
「身の危険」を薄々感じてしまった「淳子」自らが!
「息子」と「夫」の為に「残した」という線もあり…

とにかく!このまま「すんなり」終わらせることなく
最後の最後「掟破り」の「大どんでん返し」を願う!
「原田芳雄」が「エンドロール」の「止め」である!
ことからも「黒幕」であって欲しいのではあるが!…

…それでは「9月13日付」の【本題】を、どうぞ!…

江口洋介・主演の「逃亡者」…9月12日「第9話」で
案の定?「田中要次」演じる「田所」が始末された!
「射殺」されたことから「黒幕」に「警察関係者」が
いることは間違いない!…もはや!残っているのは?

「加藤浩次」扮する…警視庁「国枝」管理官ただ一人
であることから…「黒幕」決定?…と思いがちだが…
問題は…「黒川智花」演じる「藤堂ナツミ」の存在!
…「ナツミ」の「父親」も「警察関係」らしいこと!

「藤堂」という「姓」が…「太陽にほえろ!」以来!
どうしても「刑事」を「連想」させてしまうこと!を
そのまま「利用」しているのか?…それとも「逆に」
「ミスリード」を誘っているのか?…いずれにせよ!

「これ見よがし」の「腕時計」が物語っていたように
「永井」の息子「陸」を拉致し、手の内に入れている
「片平なぎさ」演じる「小野寺」看護師長が…結局!
「病院関係」の「黒幕」であることは…間違いない!

「警察関係」の「黒幕」と「病院関係」の「黒幕」を
結び付けている…「事件の鍵」を握る「謎」の少女!
「藤堂ナツミ」を「好演」している「黒川智花」には
…最後の最後まで「悪女」を演じきってもらいたい!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004年9月12日 (日)

「めだか」女優!ミムラ&黒木メイサ!の対決に期待!

女優!ミムラ!主演…定時制高校ドラマ!「めだか」!
フジテレビ系!火曜夜9時枠!10月5日!スタート!…

ミムラ!扮する「定時制高校教師めだか」が教える
生徒」の中でも「問題児」であるのが「吉住明日香

演じるのは…「めだか」が「ドラマデビュー」となる…
つかこうへい」氏の「秘蔵っ子」女優「黒木メイサ

今年2月!北区つかこうへい劇団公演「熱海殺人事件
平壌から来た女刑事」の「主演」に大抜擢され…熱演!

これほどグチや文句を言わない女優は初めて!
…「スケール感」が違う!「日本」を代表する
「大女優」になる!…

…と「ハード」な演出で知られる「つかこうへい」氏が
太鼓判」を押すほどの!女優!黒木メイサ!自身は…

つか先生の「うその芝居をするな!」という…
言葉通り!心の底から!台詞を投げ続けたい!

…と「意気込み」を語り!ミムラ!扮する「めだか」と
いかなる「対決」を繰り広げるか?…益々!期待大!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (10)

« 2004年9月5日 - 2004年9月11日 | トップページ | 2004年9月19日 - 2004年9月25日 »