« 2004年8月8日 - 2004年8月14日 | トップページ | 2004年8月22日 - 2004年8月28日 »

2004年8月21日 (土)

「世界の中心で、愛をさけぶ」【評】最終回に望む!

「テレビ番組を斬る!」8月19日付けの「記事」で…
「セカチュー」こと「世界の中心で、愛をさけぶ」…
8月20日放送「第8話」の「サブタイトル」であった
「プロポーズ」について「考察」したわけであるが…

やはり?単純に「プロポーズ」したのは…高校時代の
「サク」が「亜紀」に対して…であった!…しかし!
現代の「サク」も「明希」と「和希」の「家族写真」
に「一緒に写りたい!」と…これも「プロポーズ」?

ようやく!「亜紀」を失った「過去」を乗り越えて…
「何か」を「失う」ことは「何か」を「得る」こと!
…その「何か」を見出した!「サク」のはずなのに?
その後の「モノローグ」には「愕然」とさせられた!

 …あの頃のような張り裂けそうな「想い」じゃない…
 …だけど…「あのころ」のように、僕は…
   …「二人を幸せにしたい…」と…
   …「幸せにしてもらいたい…」と…
 …思ったんだ!…そう思ったんだよ!…亜紀!…
 …明日には「失う」未来とは…何一つ気付かずに…

…明日には「失う」未来…それは「明希」と「和希」
のことを指しているのだろうか?二人を「失う」とは
…どういうことなのだろうか?…「何か」を「得る」
ことには…結局!ならないということなのだろうか?

映画「世界の中心で、愛をさけぶ」は…最終的には!
新しい「愛」を祝福する「ハッピーエンド」だった!
ドラマの「最終回」でも…やはり!そう願いたい!…
祝福する「亜紀」の「笑顔」を…どうしても見たい!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年8月20日 (金)

Q「めだか」ミムラ!「定時制高校」熱血教師?

女優!ミムラ!主演…定時制高校ドラマ!「めだか」!
フジテレビ系!火曜夜9時枠!10月5日!スタート!

フジテレビ「月9」ドラマ「ビギナー」で!初主演で!
女優デビュー」を果たしてから…ちょうど「1年」!

デビューして1年…また主演をやらせて頂ける
なんて!夢にも思いませんでした!…この間に
共演者の先輩方から学んだたくさんのことを
活かせるよう頑張ります!…

…と抱負を語る!ミムラ!が演じるのは…「OL」から
転身した「定時制高校」の教師!しかも「熱血先生」?

難しそうですが…私が今まで出会った先生たち
の記憶から「役作り」をしようかな?…

…と!今から「新境地」開拓?にも余念がない様子で…
普通の学園ドラマ」には…なりそうもない配役

つまり!「教師」…原田泰造浅野ゆう子山本太郎
なんと!「生徒」…泉谷しげる小日向文世須藤理彩

…という「個性派」が!顔を揃える中で!ミムラ!が…
どんな!「熱血ぶり」を見せてくれるのか?期待大!!!!

問題!111
フジテレビ系!火曜夜9時!10月5日スタート!ドラマ
「めだか」では…元OL!「定時制高校」の「教師」役
で「主演」することになった!…ミムラさん!ですが…
「映画」では…今年1月に公開された!柴咲コウさん!
主演の「ホラー映画」の「続編」に…「2作目」にして
「初主演」することになりましたが…「タイトル」は?
ズバリ!!!!!!!!!!!!何でしょう??????????????????????

???????????(「クイズ」も!適宜「出題」します)???????????

正解…こちらをご覧ください
(正解、および詳細は…お手数ですが…「リンク先」を
 ご覧になって…ご自身でのご確認のほど、勝手ながら
 宜しくお願い致します!)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2004年8月19日 (木)

「世界の中心で、愛をさけぶ」【評】サブタイトル考2

「テレビ番組を斬る!」8月7日付けの「記事」で…
「セカチュー」こと「世界の中心で、愛をさけぶ」の
「サブタイトル」に関して「考察」したわけであるが
…8月20日放送「第8話」は、どう「読む」べきか?

「第7話」の…「明けない夜」…に続く「第8話」の
「サブタイトル」は…ズバリ!…「プロポーズ」?…
単純に!「高校時代」の「サク」と「亜紀」のこと?
…と受け止めて…いいのであろうか?…というのも!

「明けない夜」は…「高校時代」のことを思い返す…
「現在」の「サク」が真情を吐露するように「語る」
…目覚めても「明けない夜」もあることを…知った!
そんな…「苦悩」の日々の「始まり」を指していた!

その繋がりを重視すると…「明けない夜」はない!…
ことを改めて知る!ための「プロポーズ」は…現在の
「サク」が「明希」に対して行わなければならない!
…はたして!「真実」は?…待ち遠しい限りである!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年8月18日 (水)

「ラストプレゼント」【評】最終回!に見たいもの!

【「最終話」を見終えた直後の「記事」を追記します】

ドラマ「ラストプレゼント・娘と生きる最後の夏」…
「最終回」天海祐希が扮する「明日香」の「最期」が
描かれることなく「幸福」な時を「生きている」まま
穏やかな「笑顔」で迎えた…安らかな「ラストシーン」

「明日香」の「死」が避けられないものであることは
「周知の事実」であることを考えると…「最終回」で
「最期」のシーンを「見せる」必然性は…実は無い!
「生きている」ままの「ラストシーン」も成立する!

「死」を見せることで「涙」に繋げることは容易い…
「最期の瞬間」で「泣きたい」視聴者を、裏切って!
「死」を見せないことで…尚更「涙」してしまう!…
そんな「最終回」を…ぜひ!見てみたいものである!

…との前々からの「希望」が叶えられて「本望」では
あるのだが…憎むべきは「浜辺」を襲った「強風」!
多分?前代未聞の「台風上陸」の「余波」であろう?
とにかく!あの「ケーキ」の「ロウソク」の「灯」!

「実家」でも「職場」でも「明日香」の「誕生日」を
祝って「バースデーケーキ」の「ロウソク」を灯す!
「出演者」全員!「最後」の出番は…明るい「笑顔」
そして「浜辺」の「バースデーケーキ」の「灯」は…

本当の「ラストプレゼント」とは…「歩」が贈った…
「私…毎日!ママの手を握って…頑張って!って言う
…だから!ママも…ママも!…私とたくさん居て!…
…一日でも!長く生きて!」という「生きる希望」!

その「象徴」となって…漆黒の海…「夜の浜辺」で!
…小さな「灯り」は…「歩」の前で!みんなと共に!
揺らぎながらも…いつまでも確かに「輝き」続ける!
有り得ない「奇跡」への…「希望」の「灯」として!

しかし!「肝心要」となる「ロウソク」の「灯」は!
折からの「強風」のため…「灯る」ことは無かった!
撮影を「延期」したくとも…翌日以降の方がさらに?
「荒天」との「予報」のため?正に「断腸の思い」!

最後の「記念撮影」…あの「バースデーケーキ」には
絶対に「灯」が!「命の灯火」が!「生きる希望」が
「煌々と」輝いていなくては!意味が無いのである!
まさしく「画竜点睛」を欠く!「切歯扼腕」の思い!

「ラストプレゼント」の「DVD」が発売される際は
ぜひとも「再撮」を実施して!…あの「ケーキ」に!
「ロウソク」の「灯」が「煌々」と輝く!「本来」の
「ラストプレゼント」を…心から!願う次第である!

…それでは「8月18日付」の【本題】を、どうぞ!…

ドラマ「ラストプレゼント・娘と生きる最後の夏」…
天海祐希が演じるヒロインの「余命2ヶ月」ぶりが!
ようやく?「自覚症状」などに表れてきて…いよいよ
“Tears Wednesday”…「涙の…水曜日」の面目躍如!

「最終回」が近づくにつれて「展開」を予想したり…
自分なりの「理想」を、描いてしまうわけであるが!
「ラストプレゼント」に関しては…「大事な結末」が
「最初から」決まっている分「特異」な作品である!

ヒロイン「明日香」が…「奇跡的に」回復すること!
など許されるはずもなく!…もちろん!「禁じ手」の
「夢オチ」なんてことも…他の「連ドラ」がすること
はあっても?「ラストプレゼント」では有り得ない!

やっぱり「明日香」は「死んで」しまうのである!…
最愛の娘「歩」とも!「別れて」しまうのである!…
ただ…「最終回」で!その「死」を実際に「描いて」
しまうのかどうか?これは「微妙な」ところである!

愛する人々に「最期」を看取られて「笑顔」で逝く!
…「感涙」を誘う!だけで満足する「最終回」なら…
それはそれでいい…とは思う!…しかし!どうせなら
もっと!型破りな…泣かせる「演出」を見てみたい!

「明日香」の「死」が避けられないものであることは
「周知の事実」であることを考えると…「最終回」で
「最期」のシーンを「見せる」必然性は…実は無い!
「生きている」ままの「ラストシーン」も成立する!

「死」を見せることで「涙」に繋げることは容易い…
「最期の瞬間」で「泣きたい」視聴者を、裏切って!
「死」を見せないことで…尚更「涙」してしまう!…
そんな「最終回」を…ぜひ!見てみたいものである!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月17日 (火)

Q「大奥」松下由樹「春日局」vs高島礼子!瀬戸朝香!

【12月17日付記事を追記します】

「テレビ番組を斬る!」11月29日付けの「記事」で…
大奥 第一章」で「春日局」を演じる「松下由樹」が
殊更に!「春日局」を「擁護する発言」を行ったのは
自分と「誤解」されたくないから?…としたのだが!

案の定?「松下由樹」の思惑通り?「大奥 第一章」
「最終回」では…「いい人」として「最期」を迎えた
「春日局」の「熱演」の甲斐あって!「視聴率」は…
ついに!大台到達!「20.3%」の有終の美を飾った!

…となると!早くも気になるのは…続編の「第二章」
多分に「2005年・秋」に?お目見えしそうであるが…
「第二章」の「主役」は?「お玉の方」が落飾して!
称するようになった「桂昌院」…別名「三之丸様」!

1661年4月20日「家光」の死に際して「尼」となるが
1680年8月…息子「綱吉」が「5代将軍」就任となり
江戸城中「三之丸」に居を移してからは…「大奥」で
「絶大なる権力」を持つ「人物」になったわけである!

その「権力」の「象徴」こそ…「綱吉」に「嫡子」が
出来ないことを苦慮した末…「殺生を禁じて生き物を
大切にすれば子が授かる」の言葉を信じ…「綱吉」に
訴えたことから始まったとされる…「生類憐みの令」

この辺りを中心に「第二章」は「描かれていく」ので
あろうが?はたして「星野真里」が?「松下由樹」の
後を継いで!「大奥」の「ドロドロとした部分」まで
演じ切ることができるのか?早くも興味津々である!

…それでは「8月17日付」の【本題】を、どうぞ!…

松下由樹!「春日局」役!「連続時代劇初主演
ドラマ「大奥 第一章フジテレビ系!木曜夜10時

昨年菅野美穂!主演で「高視聴率」を記録したドラマ
大奥」で描かれたのは…江戸時代「末期」の「大奥

今回松下由樹!が主役「春日局」を演じる「大奥」は
時代的には…江戸時代「初期」の「大奥」の「草創期

三代将軍徳川家光!の「乳母」で「」の権力者!
として君臨した…女帝「春日局」を中心に!描かれる…

」と「」と「嫉妬」と「裏切り」の巣窟である?
大奥」で繰り広げられる「女同士」の…壮絶バトル

「大奥」で最も有名な「春日局」をやらせて
頂けるのは…大変光栄なこと!楽しみながら
精いっぱい演じたい!…台本が素晴らしい!
女性として「強さ」と「哀しさ」が同時に!
出てくる場面など…共感を持って観て頂ける
要素がたくさんあると思う!…

…と!意気込みを語る…松下由樹!の「バトル」相手は
…前半部は「高島礼子」!!…中盤以降は「瀬戸朝香」!!

問題!110
フジテレビ系!木曜夜10時!10月7日スタート!ドラマ
「大奥」で…「連続時代劇」に初主演することになった
松下由樹さん!が演じるのは…江戸時代初期の「大奥」
を取り仕切っていた「春日局」ですが…では!1989年の
NHK大河ドラマ「春日局」で!主役を演じたのは?…
ズバリ!!!!!!!!!!!!誰でしょう??????????????????????

???????????(「クイズ」も!適宜「出題」します)???????????

正解…こちらをご覧ください
(正解、および詳細は…お手数ですが…「リンク先」を
 ご覧になって…ご自身でのご確認のほど、勝手ながら
 宜しくお願い致します!)

| | コメント (1) | トラックバック (5)

2004年8月16日 (月)

「冬のソナタ」最終回!を意識した「東京湾景」夏ソナ

【「最終話」を見終えた直後の「記事」を追記します】

「韓流」の月9「東京湾景」…9月13日「最終話」で
案の定!「美香」の「記憶」は戻ったのであるが!…
しかも「3年後」ではなくて!…「1年足らず」で!
それも「説得力」の無いくらい突然に「呆気なく」!

「記憶喪失」にする「意味」は全く「無かった」のは
明白であるのだが…「パク・ヨンハ」の出演といい…
「夏のソナタ」を「標榜」するには「必要不可欠」な
「設定」だと考えた結果なのであろう…その辺りに!

「プロデューサー」自ら「脚本」まで「執筆」した…
「功罪」が浮き彫りにされたように思う…とにかく!
「最終話」の「視聴率」は…何と「16.3%」と前週を
「2.6ポイント」上回り「初回の17.7%」に次ぐ高率!

「記憶喪失」「パク・ヨンハ」は…結果的に「成功」
それもこれも!「視聴率」を鑑みながら…「ウケる」
ことだけを「追求」して「脚本」に反映させることが
容易な「脚本家兼任プロデューサー」だからこそ!…

しかしながら…この「ドラマ」には「吉田修一」著作
「東京湾景」という「原作」があるわけで…結果的に
「設定」の一部のみを「拝借」しただけに終わると…
「原作者」の「憤り」は…「心中察するに余り有る」

「最終回」の「視聴率」を「成功」と捉えて…今後も
「原作」を全く「蔑ろ」にする「ドラマ作り」が続く
とすれば…「テレビドラマ」の「終焉」は遠くない!
潔く!最初から「夏のソナタ」でよかったのである!

…それでは「8月16日付」の【本題】を、どうぞ!…

冬ソナ」こと「冬のソナタ」8月21日の「最終回」に
便乗した?「東京湾景パク・ヨンハ!ゲスト出演!!!!

驚くべきことに!「夏ソナSP」と銘打たれていた!!!!
しかも!これ見よがしに!CM前に「サイドスーパー

ここまで!臆面も無く「韓流」を標榜されると…もはや
頭が下がる思いさえ?してくるから…不思議ではある!

ストーリー的には…本家「冬ソナ」では…チュンサン
と…ユジン!が…実は「兄妹」で…結ばれない」!

…と!思いきや!…真実は…チュンサン!の「兄弟」は
サンヒョク!…ユジン!とは「結ばれる」ことが可能

最終回」で!「二人の愛」は…どのような「結末」を
迎えるのか?「ハッピーエンド」が期待されるのだが…

一方「東京湾景」では…その「」の「」をかいて?
美香」と「亮介」は…「本当」の「兄妹」であった!

…ということで!救いの無い?「悲恋」の「最終回」!
蜂の一刺し」を見せてくれると「脱帽」ではあるが?

【「第9話」を見終えた直後の「記事」を追記します】

「韓流」の月9「東京湾景」…8月30日「第9話」で
ついに!仲間由紀恵が演じる「美香」と、和田聡宏が
扮する「亮介」が…「異母兄妹」である!…どちらも
「和田健介」の「子供」である!と判明したのだが?

案の定!ラストで…仲村トオル演じる「神谷文」が…
「…まだ、何かある!…きっとある!」という一言!
やはり!「亮介」と「美香」は「兄妹ではない!」…
「最終回」では「冬のソナタ」のように…結ばれる?

…しかし!「美香」は、石坂浩二が扮する「正雄」の
「娘」でないことは、明白なのであろうから…もし?
「亮介」の父「健介」の「娘」でもないとするなら…
一体?「美香」の実の「父親」は誰なのであろうか?

やっぱり!単なる「思い違い」で「正雄」の「娘」?
意外なところで「神谷」の「父」が「美香」の父親?
まさか!「異母兄妹」なのは…「弘一」と「美香」?
それとも!「兄妹」でなかったらいいわけだから!…

「美香」は「健介」の「娘」で間違いないが…実は!
「亮介」の方が「健介」の「息子」ではない!という
「設定」もあるわけで…つまり!妻である「光代」が
例えば「神谷」の「父」との間にもうけた息子とか?

とにかく次週は「最終回」への「クライマックス」…
「正雄」が「美香」に告白した…もっと大事なこと!
…何もかも話さなければならない!「新事実」とは?
しかし!その「次回予告」直前に!驚くべきことが…

大々的に!…「パク・ヨンハ 最終回 出演決定!」
…何の臆面も無く!もはや形振り構わず!とはいえ…
「ドラマ」であることを、蔑ろにしているかのような
「制作サイド」の姿勢に「憤懣遣る方無し」である!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004年8月15日 (日)

「逃亡者」【評】真犯人「遠藤憲一」代演「BOBA」

逃亡者」8月15日「第5話」真犯人は「遠藤憲一」
演じる「津留正」であった!そして…あっけなくも!
「死んで」しまった!…これは…「一大事」である!
日曜劇場版「逃亡者」…かなりの「曲者」であった!

「実行犯」が「遠藤憲一」で確定なら…「BOBA」
は…あの「役割」のはず!と思っていたら…案の定!
「エンドロール」で「BOBA」の名は「無かった」
…過去の「回想」シーンが「無かった」からである!

つまり…「BOBA」こと「田中要次」の「役割」は
「実行犯」である「遠藤憲一」の「代演」だった!…
「第1話」の「殺害シーン」を始めとして「実行犯」
の「スタント」を「演じていただけ」なのである!…

元々!「田中要次」が「BOBA」名義で「映画」に
出演するときは…「サブリミナル俳優」とも称される
くらい「チラッ」とだけ!よく見ていなければ決して
気付かない?ような「出演」で定評があったわけで!

「逃亡者」でも!最後まで「顔さえ出ない!」役を…
他人が演じる「役」の「スタント」でしかない役を…
「演じていた」わけである!…確かに「遠藤憲一」の
「名前」が出ていても「犯人」という予想は容易い?

それならば…「BOBA」での「出演」が「可能」な
「田中要次」に「遠藤憲一」の「スタント」役を!…
まさか「BOBA」を単なる「影」で終わらせるとは
「制作スタッフ」の「思う壺」に嵌まってしまった!

【「第6話」を見終えた直後の「記事」を追記します】

江口洋介・主演の「逃亡者」…8月22日「第6話」で
「真犯人探し」は…「振り出し」に戻ってしまった!
「義手」の「津留正」が殺された時点で!「永井」の
「無実」を証明する「真犯人」は居なくなった!…と

「永井徹生」本人だけでなく!「視聴者」の誰もが!
「騙されて」しまった!…「真犯人」は他に居ても?
「殺害実行犯」は「津留正」であった!ことだけは…
紛れも無い「事実」だ!と…「騙されて」しまった!

まさか?「義手」を持つ人物が!「二人」いたとは!
…これは!考えも及びつかない「トラップ」だった!
「義手」が「津留正」だけ!ではなかったことにより
「殺害実行犯」さえ!「津留正」とは断定できない!

ちなみに…「第6話」の「エンドロール」キャストに
「BOBA」の名前は「無かった」…ということは!
「最後のシーン」で…「義手」の人物を演じたのは?
「田中要次」では無かったことだけは?確かである!

さて!「振り出し」に戻った「真犯人探し」であるが
「津留正」の登場自体を「ミスリード」を誘うための
「トラップ」と考えると「義手」の持ち主を「男」と
決め付けることさえも「白紙」に戻すべきであろう!

【「第7話」を見終えた直後の「記事」を追記します】

江口洋介・主演の「逃亡者」…8月29日「第7話」で
ついに「義手」を持つ「実行犯」が…正体を現した!
やはり!映画界で「サブリミナル俳優」の異名を持つ
「BOBA」こと…「田中要次」その人…であった!

「第1話」の「エンドロール」で「見かけた」名前…
「BOBA」を頼りに「実行犯」探し!をしてきたが
「遠藤憲一」演じる「津留」が!自らを「真犯人」と
認めたことで…完全に「混乱」させられてしまった!

「BOBA」は「遠藤憲一」の…単に「スタント」を
演じただけだとか…さらに「第2の義手」を持つ者が
現れてからは…「男」とは限らないのでは?だとか…
はたまた!「ヒゲ面」の「別所哲也」を勘ぐったり…

テレビ東京系「アテネ五輪」キャスターを務めている
「別所哲也」が8月23日の「生放送」に「ヒゲ面」で
出演していたことを…「逃亡者」の「撮影」のため?
と予想し…「真犯人」の「疑い」を濃くしたのだが!

その「ヒゲ面」も…「帝国劇場」で「公演中」である
ミュージカル「ミス・サイゴン」の「エンジニア」役
の「役作り」のため!であることも判明した次第で…
「真犯人探し」は「暗礁」に乗り上げていたところ…

結局は!「津留」は単に「協力者」程度の「役割」で
「真犯人」は…「6年前の事件」で「永井」に恨みを
持つようになった「阿部寛」演じる刑事の「峰島」と
「田中要次」扮する「義手」の男「田所」…と判明?

「片平なぎさ」演じる看護師長や「加藤浩次」演じる
警視庁管理官…「黒川智花」扮する「藤堂ナツミ」…
まだまだ…「病院関係者」や「警察関係者」の中にも
「共謀者」や「協力者」の「存在」が疑わしいが?…

ようやく「真犯人」が「素顔」を出してくれたので?
「エンドロール」キャストにも…「BOBA」でなく
「田中要次」の「名前」が!堂々と掲げられていた!
…ということで!取りあえず…「一件落着」である!

ちなみに!8月29日は…テレビ東京系「アテネ五輪」
生放送が…「逃亡者」の「裏番組」となってしまった
おかげで?「別所哲也」扮する外科医「郡司直巳」は
…学会で病院にはいない!…「設定」になっていた!

【「第8話」を見終えた直後の「記事」を追記します】

江口洋介・主演の「逃亡者」…9月5日「第8話」で
案の定?「阿部寛」演じる刑事「峰島」は…犯行とは
「無関係」であることが明らかになった!…そして…
実行犯の「田所」を陰で操る「黒幕」の正体とは?…

ズバリ!「片平なぎさ」扮する看護師長「小野寺千秋」
「理由」は簡単!…「田中要次」演じる「田所」が!
「報告」を入れた「相手」こそが…「黒幕」である!
とすれば?その「髪の長い女性」を演じていたのは…

ただの「1カット」も「顔出し」をしていないのに!
「エンドロール」では…しっかり「名前」があった…
「片平なぎさ」その人で「間違いない」…とにかく!
「BOBA」&「田中要次」の前例もあることだし!

ただ…「小野寺」看護師長だとすれば?…使っていた
「携帯」が…「第7話」とは「違っていた」ことに!
一抹の不安と「疑問」は残ってしまうのではあるが…
今のところ?「真犯人」は「片平なぎさ」で決まり!

【「第9話」を見終えた直後の「記事」を追記します】

江口洋介・主演の「逃亡者」…9月12日「第9話」で
案の定?「田中要次」演じる「田所」が始末された!
「射殺」されたことから「黒幕」に「警察関係者」が
いることは間違いない!…もはや!残っているのは?

「加藤浩次」扮する…警視庁「国枝」管理官ただ一人
であることから…「黒幕」決定?…と思いがちだが…
問題は…「黒川智花」演じる「藤堂ナツミ」の存在!
…「ナツミ」の「父親」も「警察関係」らしいこと!

「藤堂」という「姓」が…「太陽にほえろ!」以来!
どうしても「刑事」を「連想」させてしまうこと!を
そのまま「利用」しているのか?…それとも「逆に」
「ミスリード」を誘っているのか?…いずれにせよ!

「これ見よがし」の「腕時計」が物語っていたように
「永井」の息子「陸」を拉致し、手の内に入れている
「片平なぎさ」演じる「小野寺」看護師長が…結局!
「病院関係」の「黒幕」であることは…間違いない!

「警察関係」の「黒幕」と「病院関係」の「黒幕」を
結び付けている…「事件の鍵」を握る「謎」の少女!
「藤堂ナツミ」を「好演」している「黒川智花」には
…最後の最後まで「悪女」を演じきってもらいたい!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年8月8日 - 2004年8月14日 | トップページ | 2004年8月22日 - 2004年8月28日 »