« 深キョン!「南くんの恋人」ではなくて「有田くん」? | トップページ | 「逃亡者」【評】「遠藤憲一」と見せかけて「BOBA」 »

2004年8月 7日 (土)

「世界の中心で、愛をさけぶ」【評】サブタイトル考

「セカチュー」こと「世界の中心で、愛をさけぶ」…
映画の「大ヒット」を受けて…というより便乗して?
鳴り物入りで、始まったわけであるが…視聴率的には
平均15%を超えているものの…まだまだ物足りない!

…と「制作サイド」は「焦り」さえ覚えているのでは
ないだろうか?…というのも!「第2話」までは特に
付けられてはいなかったはずの「サブタイトル」が…
「第3話」から新聞「テレビ欄」に掲載されだした!

しかも…「永遠の別れ」「最後の日」から始まって!
「忍びよる影」「生への旅路」と続いてきたのだが…
「視聴者」に「ミスリード」を誘って「見させよう」
という「目論見」が見え見えの感じがしてならない!

第3話「永遠の別れ」…もちろん「サク」と「アキ」
の「別れ」には早すぎる!…では「誰との別れ?」…
結局は「サク」を可愛がってくれた、仲代達矢扮する
「サクの祖父」が「急逝」したことを、指していた!

第4話「最後の日」…「最期の日」ではない!…では
何が「最後」になってしまうのか?…これに関しては
結果的に「アキ」が「陸上選手」として…走った!…
「最後の日」になったことを、示していたのである!

つまり「ストーリー」に関しては「映画」を観ていて
熟知している「視聴者」が数多くいるわけで、その分
「ドラマ」では「どの話」が「今回」描かれるのかも
容易く予想出来る!よって、もし見逃しても大丈夫!

肝心の「見逃したくない」シーンが放送されるのか?
新聞「テレビ欄」を見て、それが分かれば「今回」は
「見なくてもいいかも?」となってしまうので…当初
「サブタイトル」を付けなかったのだと考えられる!

しかし!思惑通りの「視聴率」ではなかったために…
「第3話」以降は、特に「ストーリー」を知っている
「視聴者」を、惑わすような「サブタイトル」を付け
…逆説的に「積極視聴」を喚起していたのであろう!?

いよいよ「アキの病気」が発覚した「第5話」以降は
…「忍びよる影」…「生への旅路」…と「直截的」な
「サブタイトル」を用いて「見逃してはいけない!」
シーンであることを「強調」する思惑に、方向転換!

その甲斐あってか?「忍びよる影」の「第5話」では
視聴率が、前回の「13.9%」から「16.5%」へ上昇!
…今後!どんな思惑が込められた「サブタイトル」が
付けられるのか?も「セカチュー」の楽しみである!

|

« 深キョン!「南くんの恋人」ではなくて「有田くん」? | トップページ | 「逃亡者」【評】「遠藤憲一」と見せかけて「BOBA」 »

コメント

セカチューのサブタイトル考 なるほどと思いながら読みました。
私も映画を見たうえで ドラマを見ようか見まいかしているわけで
実質 一話を見ただけで 後は見てません。

個人的に思い入れのあるシーンが映画の中でもあるわけで 
そこまでは見なくていいかなぁと思ってただけに
サブタイトルに左右される人って 案外多いと思いますよ。

投稿: | 2004年8月 8日 (日) 17:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12576/1150559

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界の中心で、愛をさけぶ」【評】サブタイトル考:

» 「世界の中心で、愛をさけぶ」【評】サブタイトル考2 [テレビ番組を斬る!]
「テレビ番組を斬る!」8月7日付けの「記事」で… 「セカチュー」こと「世界の中心で、愛をさけぶ」の 「サブタイトル」に関して「考察」したわけであるが …8月20 [続きを読む]

受信: 2004年8月20日 (金) 11:04

« 深キョン!「南くんの恋人」ではなくて「有田くん」? | トップページ | 「逃亡者」【評】「遠藤憲一」と見せかけて「BOBA」 »