« Q「セカチュー」綾瀬はるか!水着inオーストラリア | トップページ | 「逃亡者」江口洋介!「医師」でないのは…やはり? »

2004年7月24日 (土)

「ラストプレゼント」【評】永作博美「裏」で殺人犯?

【追記】8月18日付「最終回!にみたいもの!」

ドラマ「ラストプレゼント・娘と生きる最後の夏」…
天海祐希が演じるヒロインの「余命2ヶ月」ぶりが!
ようやく?「自覚症状」などに表れてきて…いよいよ
“Tears Wednesday”…「涙の…水曜日」の面目躍如!

「最終回」が近づくにつれて「展開」を予想したり…
自分なりの「理想」を、描いてしまうわけであるが!
「ラストプレゼント」に関しては…「大事な結末」が
「最初から」決まっている分「特異」な作品である!

ヒロイン「明日香」が…「奇跡的に」回復すること!
など許されるはずもなく!…もちろん!「禁じ手」の
「夢オチ」なんてことも…他の「連ドラ」がすること
はあっても?「ラストプレゼント」では有り得ない!

やっぱり「明日香」は「死んで」しまうのである!…
最愛の娘「歩」とも!「別れて」しまうのである!…
ただ…「最終回」で!その「死」を実際に「描いて」
しまうのかどうか?これは「微妙な」ところである!

愛する人々に「最期」を看取られて「笑顔」で逝く!
…「感涙」を誘う!だけで満足する「最終回」なら…
それはそれでいい…とは思う!…しかし!どうせなら
もっと!型破りな…泣かせる「演出」を見てみたい!

「明日香」の「死」が避けられないものであることは
「周知の事実」であることを考えると…「最終回」で
「最期」のシーンを「見せる」必然性は…実は無い!
「生きている」ままの「ラストシーン」も成立する!

「死」を見せることで「涙」に繋げることは容易い…
「最期の瞬間」で「泣きたい」視聴者を、裏切って!
「死」を見せないことで…尚更「涙」してしまう!…
そんな「最終回」を…ぜひ!見てみたいものである!

お待たせしました!…それでは【本題】を、どうぞ!

ラストプレゼント・娘と生きる最後の夏」の配役で
離婚弁護士」で共演した天海祐希と佐々木蔵之介が
「元夫婦」に扮していることに、いつまで経っても?
「違和感」を覚えてしまうのであるが…それもこれも

天海祐希の連ドラ「主演連投」という「掟破り」的な
「キャスティング」に端を発した?ブッキングの際の
いろんな「出演者」との間の、いろんな「諸事情」の
成せる仕業?などと慮っていたのであるが…案の定?

「ラストプレゼント」第3話が放送された…7月21日
有り得ないはずの「掛け持ち」出演が現実となった!
重要な役どころ「百瀬有里」を演じている永作博美が
「裏番組」に何と「殺人犯」役で登場したのである!

TBS系列「水曜プレミア」枠の単発2時間ドラマ…
四谷くんと大塚くん・天才少年探偵登場の巻」での
ことなのであるが…いくら「コメディー」とはいえ!
永作博美が「殺人犯」を演じること自体が「掟破り」

さらに、連ドラ「主役級」女優が、全くの「裏番組」
しかも「ドラマ」に、掛け持ち出演してしまうことは
「調整」によって「回避」されるべきことであって!
「現実」のものとなるのは…今や極めて珍しいはず?

結局は…いろんな「調整」すら間に合わない状況で?
「ラストプレゼント」のキャスティングが行なわれた
ことを「立証」することになってしまったのでは?…
そんな「憶測」が頭をもたげる事になると…さらに!

来週の「予告」が「写真1枚」で済まされているのは
演出上の「意図」があるのか?…クランクインの遅れ
によって、スケジュールが逼迫していて、単に編集が
間に合わないだけなのか?さえ…気になってしまう!

|

« Q「セカチュー」綾瀬はるか!水着inオーストラリア | トップページ | 「逃亡者」江口洋介!「医師」でないのは…やはり? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12576/1039461

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラストプレゼント」【評】永作博美「裏」で殺人犯?:

« Q「セカチュー」綾瀬はるか!水着inオーストラリア | トップページ | 「逃亡者」江口洋介!「医師」でないのは…やはり? »